史上最年少! 11歳の少年監督がデビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年8月29日 > 史上最年少! 11歳の少年監督がデビュー
メニュー

史上最年少! 11歳の少年監督がデビュー

2000年8月29日 12:00

史上最年少の映画監督がハリウッドで長編監督としてデビューする。監督の名前はチャイル・ストバル君といい、何とまだ11歳。フロリダ出身のストヴァル君は、8歳でHBOのためのテレビプログラム、「30 x 30 Kid Flicks」を作り、その後ドキュメンタリー作品「Looking 4 God」を製作し、National Children's Film Festivalで1位を受賞した経験がある。そしてこの程、初の長編映画「Camp Grizzly」を製作することになり、10月より撮影を開始する。ちなみに、スティーブン・スピルバーグが、40分の戦争映画「Escape to Nowhere」を8ミリで製作したのは13歳のとき。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi