マイヤーズ和解、そして新作は白紙に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年8月15日 > マイヤーズ和解、そして新作は白紙に
メニュー

マイヤーズ和解、そして新作は白紙に

2000年8月15日 12:00

画像1

[拡大画像]

オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズ主演の新作「Dieter」の製作途中でマイヤーズが突然降板したとして、ユニバーサル・ピクチャーズがマイヤーズを相手に起こしていた裁判で、このほど双方の和解が成立した。

人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でマイヤーズ自身が演じたキャラクターを映画化した「Dieter」は、今年の8月より撮影が開始され、来年の夏に全米で公開される予定だった。しかし、マイヤーズは撮影開始前に「脚本を承認できない」と出演を辞退、それを受けて今年の6月5日にユニバーサルはマイヤーズを契約違反で訴え、翌日にはマイヤーズとその弁護団がユニバーサルを逆提訴していた。

双方の間で成立した3つの和解案についてすべては明らかにされていないが、ユニバーサル側によると、そのうちの一つは「マイヤーズが自身のオリジナル・キャラクターを元にした新たなコメディの脚本を書き下ろす」というもの。ユニバーサルはマイヤーズを提訴した数日後には製作スタッフを解雇し、事実上「Dieter」のプロジェクトは中止となったことから、その代わりの新作ということになる。マイヤーズが新たに書き下ろす新作は、ユニバーサルとドリームワークス、そしてユニバーサルのパートナーであるイマジン・エンターテインメントが共同で製作する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi