歴代4位の記録を引っさげて“X-メン”が来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年8月8日 > 歴代4位の記録を引っさげて“X-メン”が来日!
メニュー

歴代4位の記録を引っさげて“X-メン”が来日!

2000年8月8日 12:00

(左から) ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マーズデン、アンナ・パキン「X-メン」

(左から) ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マーズデン、アンナ・パキン
[拡大画像]

全米で7月14日に封切られ、5750万ドル (約61億円) という歴代4位のオープニング興収を記録したSF大作「X-メン」。今秋の公開を前に、主演のジェームズ・マーズデン、ファムケ・ヤンセンアンナ・パキンが来日。8月2日、東京・日比谷の帝国ホテルにて会見が行われた。

X-メン」は、「スパイダーマン」などを生んだアメコミ界の巨匠スタン・リーの長寿コミックの映画化。人間でありながら遺伝子の突然変異により特殊能力を持った“ミュータント”の物語だ。3人は悪の組織と戦う正義のミュータント“X-メン”のメンバーを演じる。中でも特に人気のキャラクター、サイクロップスを演じたマーズデンは「僕の役はバイザーで顔が隠れて見えないんだけど、イコン的ヒーローを演じられただけで嬉しくて気にならなかった」と語ったが、ファムケは「最初は『コミックの映画化』と聞いてあまり気乗りしなかった」と告白。「映画に興味を持ったのはブライアン・シンガーが監督をすると知ってから」と語り、また3人ともシンガー監督が出演の大きな決め手となったことを明らかにした。

アメリカでは、心配されていた原作ファンの反応も良好で現在もヒット中の本作、当然続編の話題も囁かれ始めている。実はファムケ曰く「続編に出演することも最初の契約の中に入っている」とのこと。アンナは「今回アクションをしてないから、次回はやってみたいわ。あのレザースーツの着心地も試したいし」と、マーズデンと共に続編への出演に意欲的な姿勢を見せたが、ファムケは「ブライアンが監督するかどうかも分からないし、とにかくあと1作は出演するつもりだけど」と監督次第のようだ。

今後は、シンガー監督を筆頭に他の出演陣の来日も予定されているので期待したい。映画は9月下旬、日劇ほか東宝洋画系にて公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi