気狂いピエロのレビュー・感想・評価

メニュー

気狂いピエロ

劇場公開日 2016年7月23日
16件を表示 映画レビューを書く

映像は明るくて、美しい、音楽の断絶がかなりしびれます。 ストーリー...

映像は明るくて、美しい、音楽の断絶がかなりしびれます。

ストーリーは細部に関してはよくわからなくて複雑だけど、でも、恋愛が軸だから分からなくてもいいみたい、ゴダールの恋愛観がいい。

アンナ・カリーナはかなりきれい、ゴダールが好きだったのがわかる。

マリアンヌの感情転換の撮り方が少しドキュメンタリーっぽくて新しく、フェルディナンの最後の慌てっぷりが共感できてリアル。

『勝手にしやがれ』とどっちがいいのかなぁ。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2.9

よくわからない。
難解なのかぼくにはあまり響いてこなかった。

「俺たちに明日はない」に似ていた。どっちも好きじゃなかった。

onaka
onakaさん / 2017年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エンディング…

なぜかこの時代の映画はエンディングのインパクトが強い。あらすじは俺たちに明日はないに似てる気もしなくもないが、フランス映画独特の美しさが垣間見える。音楽を多様に使う演出、詩や文献の引用などは非常に美しい。はっきり言って二人の会話のやりとりの意味は理解し難い。だがそれでイイのではないかと鑑賞後は感じた。
なぜかセンスを感じる映画だった。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛は儚い

これまた詩的で刹那に生きる物語。個人的には「勝手にしやがれ」の初期衝動が好き。
たとえキスしても、況してや恋人で有ったとしても女を留める事は出来ないんやなー。それでもロマン主義で一部から全体性を引き出す事で何とか成り立つ危うさを秘めたのが愛。

めたる
めたるさん / 2016年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純で深い

自由奔放なマリアンヌに恋してしまうのは分かる気がする。
でもそれは危険なこと。

深読みすると、自由な意思を貫くのはけして簡単ではなく、自分の気持ちを最優先にするために、略奪、暴力、殺人。まるで今の時代のテロと似てる。

マリアンヌにピエロと呼ばれる彼は彼女といるのが正解なのか、家族がいるべきだったのか。

単純で、綺麗な、メルヘンチックな世界にも見える映像の中に、見たくない現実が垣間見える。

ずっと評価が高いので観たかった映画。
思っていたよりずっといい

asm
asmさん / 2016年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベトナム戦争批判作品

しかし分かりにくい。

単なる時事ネタ映画は残らない。

マスターフィルム紛失も当然。

shadow-81
shadow-81さん / 2016年8月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わからない 面白い

ゴダールの気狂いピエロをスクリーンで見た。
映像とイメージの羅列。
ただ、羅列しているだけなのに引き込まれる。わからないことの面白さをわからせてくれる映画は偉大だ。

グダール
グダールさん / 2016年8月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーばかり追うときっと寝る

私見、きっと面白くない映画、いや、最後だけは笑える、最後まで無事に見切ったときの話ではあるけれど…
時間というものを超越した色彩と動きに魅せられるかどうか、ゴダールのゴダールたるものを受け入れられるかどうか、それ以外にこの作品を堪能する術はないのかもしれない。
「勝手にしやがれ」を見た後で様々なゴダール作品を吟味し、そしてこの作品を見て、その上でようやくこの作品が自分に合うものかどうかの判断がくだせる─良し悪しではなく、あくまで好きか嫌いかだけの判断しかくだせない。
理解できるか出来ないか─、確かにこの作品を理解するうえでかなりの知識を要することだろう。そして、それを身につけていない者には、この作品を正当に評価することは出来ないのかもしれない。そして、自分もその一人であり、しかも自分にはこの作品は合わないというかどちらかというと好きじゃないので、ゴダールを高尚に語ることは決して出来ない。せいぜい、最後ダイナマイトで爆死する場面を笑い飛ばすだけ。
さて、この映画でゴダールを初体験し、これはまれにみる名画だ!と断言できる強者は、天才か狂人のいずれかだと思う。いずれにせよ、誇っていい感情だ。ただ、無理をしたり勘違いをすると、おそらくつまらない作品ばかりを見ることになるだろうから、気をつけたほうがいい。

SH
SHさん / 2016年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狂ってる

みんな狂ってるし、このような世界があるのが異様。

雰囲気が異様で、監督が鬼才といわれているのがよくわかる。
古き良き(?)時代に戻った感じ。映画館の雰囲気も良かった。

ジョーカー
ジョーカーさん / 2016年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キチガイぴえろ。

序盤のパーティのシーンが印象的で不穏な雰囲気もあるが話の繋がりには関係が無い。

ロードムービーに逃避行物でミュージカルと様々なジャンルが混ざっている様で何ら関係は無くなって。

色彩が鮮やかで映像だけでも楽しめる。

ゴダールはストーリーの内容やらは評価に全く関係が無い稀な監督だと。

相変わらず天然にお洒落な雰囲気全開だが時代も70年代に近くなり服装は時代に反映されている分やはり天然に狙ってお洒落を意識していないゴダール。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

確かに気が狂ってる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フランス映画にハマりだしそうなので女は女であるの延長線として鑑賞しました。

こちらの映画もまた、終始喧嘩したり言い合ったり見ていて疲れました。女の方こそ実際気が狂っていて、二人して無鉄砲で無計画な逃避行でした。

文学かぶれの自分としては見ていて面白いところといえば、バルザックやらなんやらたまに名前が出てくるので興奮していました。
台詞も歌も美しいと思いました。ぜひフランス語字幕も付けて欲しいような。1つ1つに韻を踏んでいるのか分からないですがフランス語を堪能できました。

ふ
さん / 2015年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分にはまだ

全体に醸し出す、美しい雰囲気、流れる様な展開、車、ファショッン迄は解った、
女は始めから裏切り、金目的だったりしたのか?男は終始振り回されっぱなし、やはりゴダールは難解なのか、自分にはまだ、読み解く力は無い。

マス
マスさん / 2015年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え?何?ん?お洒落?って思う。

全く理解出来ない。監督への芸術性や感性は奥深いかも知れないがフェアーな考えで行けば映画としては成り立ってない気がする。
何にもかもが空想的で監督がお洒落だろ的な軽い感覚な内容。一つ一つの行動が理解出来ない。男女の突発的な危険な逃亡映画でありがちなんだけど、いかんせん俺からしてみれば適当感が半端ない。映画を観るって感覚でいる人は結局?って気持ちになる。きっと監督が名監督だから良かったものの名監督でなければ何の映画でもない。やはり監督びいきで観るよりフェアーで映画は観ていたい。

エイジ
エイジさん / 2014年11月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感じる映画

随所に詩的表現や絵画のカット、原色を美しく使った場面など見て感じて楽しむ芸術性高い映画。
ストーリーはフェルディナン(ジャン=ポールベルモント)が退屈な結婚生活から逃れ昔の愛人マリアンヌ(アンナカリーナ)と逃避行の末、裏切られ彼女を銃殺してしまい、自らも爆死してしまうという比較的分かり易い話。
ロードムービーの中に詩や絵画、ミュージカル要素があり巨匠の作品らしさを感じさせる。

ミツマメ
ミツマメさん / 2014年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脳天気で破滅的

主人公はいたって真面目でまっとうである。
狂っているのは女であるわけだが、気づいてみると一番狂っているのはそもそも映画の視点だったりする。
すごくシンプルな話なのだが、詰め込まれている情報量がハンパではなく多く、しかも錯綜し混乱もしている。文学に対するゴダールの執着が屈折した形で随所にあらわれている。その矛先は芸術全般にも向けられる。
かといって気難しい映画かといえばそうではなくて、底抜けな脳天気とユーモアで満たされている。
北野映画のファンだが、やっぱりたけしさん影響受けてるんだなって思った。二作目からソナチネ、HANABIあたり、意識的だったかどうかはわからないが垣間見える。
この映画はなにより色がきれい。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2014年4月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴダールの手腕

主演のジャン=ポール・ベルモンド以上に、アンナ・カリーナが存在感を放っているように思えた。

アンナ・カリーナの魅力全開の作品だと思う。
浜辺で歌う彼女には惚れてまうよ。

ハサミのシーンは「ゴダール、神だわ」と思わされた。

みみみたぶ
みみみたぶさん / 2011年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

16件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi