カトマンズの約束
ホーム > 作品情報 > 映画「カトマンズの約束」
メニュー

カトマンズの約束

劇場公開日

解説

2015年4月25日に発生したネパール大地震を題材に、日本から派遣された国際緊急援助隊(JDR=Japan Disaster Relief Team)の奮闘と、現地の人々との間に生まれた絆を描いた人間ドラマ。民間人として唯一、日本隊から感謝メダルを授与されたネパール人俳優ガネス・マン・ラマがプロデュースと主演を務め、ラマ自身が体験した実話を交えながら映画化。ネパール映画研究の第一人者として知られる東京情報大学教授で、これまでにも「カトマンズに散る花」などネパールを題材とした映画を手がけたきた伊藤敏朗監督がメガホンをとった。ネパールの建築家ラメスはカトマンズの伝統的建築物の保存と耐震化を訴えているが、人々から理解されずにいた。そんな中、日本留学時代の恩師に招かれ日本で働きはじめたラメスは、公演先の大学でJDRの隊員・藤森麻衣子と知り合う。そして4月25日、ラメスのもとにネパール大地震の報せが飛び込んでくる。ラメスはネパール建築の専門家としてテレビ取材を受けたことをきっかけに、JDRの協力者としてカトマンズに同行することになり……。

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本・ネパール合作
配給 フィルム・クリエーション・ネパール
上映時間 127分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi