タクシー運転手 約束は海を越えてのレビュー・感想・評価

タクシー運転手 約束は海を越えて

劇場公開日 2018年4月21日
2件を表示 映画レビューを書く

正義のために戦う偉大なるヒーローたち

実話を元に描かれた感動作
後半は、涙なくしては観られない作品だった

1980年5月 戒厳令が行使された韓国では、各地で自由化を求めるデモが起き、光州では武力による制圧によって無実の市民が殺される事態に発展

その話を聞きつけたドイツ人ジャーナリストのピーターはソウルから光州まで、タクシーで向かうことに

光州で起きていることなど何も知らないタクシー運転手のマンソプは、金欲しさにピーターのドライバーを買って出る

そこからマンソプとピーターが直面する光州の現実を観て、
現実社会における真のヒーローとは、
特殊な能力も、武器も持たず、常に周りの人たちに思いやりを持ち、真実と正義のために命をかける人たちのことを言うのだと思い知らされた

この映画に出てくる市民たちは、みんなが偉大なるヒーローだった

お金がなくてもソウルから来た彼らに食事を振る舞い
目の前で起きている惨劇から逃げ隠れもせずに立ち向かい
間違っていることを間違ってると言える人たち

初めのうちはデモが嫌いで、国のしていることが正しいと信じていたマンソプも「金のために」請け負った仕事で、思わぬ事実を知ることになる

それまで、特に道を外れることなく生きてきたマンソプが、次第に正義に目覚めていくようすは、ソン・ガンホが最も得意とする役どころであり、今回も、あまりにも自然に小市民っぷりを演じきるものだから、その頼りなさに手に汗を握らずにはいられない作品になっている

そして、マンソプは最後まで「ただのタクシー運転手」を貫き通し、そのことが、また胸を熱くするのである

とえ
とえさん / 2018年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄まじいながらも、胸の熱くなるドラマ

光州事件については、未だ背景等はっきりしない点もあるものの、事件の模様を世界に報じたドイツ人記者とソウルのタクシー運転手、光州の普通の人々との様子に胸が熱くなりました。

ソン・ガンホとトーマス・クレッチマンの共演にまず驚きましたが、コメディタッチを欠かさない韓流、政府軍の非道っぷり、真実を伝えてもらおうとする光州の人々と、記者の熱意の連携、リアル映像とのシンクロも余韻に残ります

ちゅうみぃ
ちゅうみぃさん / 2018年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi