「おいしいご飯は閉ざした心を開く」星めぐりの町 とえさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

星めぐりの町

劇場公開日 2018年1月27日
全21件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

おいしいご飯は閉ざした心を開く

心が温かくなる映画だったわー

5歳の時に東日本大震災で家族を失った少年 政美と、
巡り巡って彼を預かることになった豆腐屋さん(小林稔侍)
しかし、政美は心を閉ざして、口をきこうとしない

そんな少年の心を溶かしたのは
田舎の綺麗な空気と、美味しい水、
そして何より、美味しいご飯だった

私は、その「人と人の心をつなぐのは、美味しいご飯」にとても共感した

私もこれまで、仕事や人間関係で辛かった時、温かい食事の優しい湯気に何度も助けられたからだった

この映画は、そんな「行き場を無くした被災地の孤児」を描きながら、
高齢化が進み、後継者を無くした田舎町で彼らが希望となっていく姿も描く

血が繋がってる、繋がっていないに関わらず、子供たちは誰にとっても、未来への希望の星なのだ

私は、この映画に溢れる優しさがとても好きになった

とえ
さん / 2018年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi