わたしは、幸福(フェリシテ)
ホーム > 作品情報 > 映画「わたしは、幸福(フェリシテ)」
メニュー

わたしは、幸福(フェリシテ)

劇場公開日

解説

2017年・第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)受賞作で、フェリシテ=幸福という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきたひとりの女性を通し、アフリカの現実と愛を描く人間ドラマ。コンゴの首都キンシャサのバーで歌いながら、ひとり息子を育てているシングルマザーのフェリシテ。最愛の息子が交通事故に遭ったことで、その絶望からフェリシテは歌さえ歌えなくなってしまう。失意の中にあった彼女があるものと出会い……。監督はセネガル系フランス人のアラン・ゴミス。

作品データ

原題 Felicite
製作年 2017年
製作国 フランス・ベルギー・セネガル・ドイツ・レバノン合作
配給 ムヴィオラ
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第67回 ベルリン国際映画祭(2017年)

受賞
審査員グランプリ(銀熊賞) アラン・ゴミス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

昼と夜、闘いと諦め、生と死ーー理屈でなく響き合うものたちのグルーブ
わたしは、幸福(フェリシテ)の映画評論・批評

セネガル系フランス人アラン・ゴミス監督の快作「わたしは、幸福」は、予定調和の物語の関節をぽき、ぽきっと小気味よく外していく。こうなるだろうと予期したことが必ずしもそうはならずに進む。といってどんでん返しをあざとくつきつけるわけでもない...わたしは、幸福(フェリシテ)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全4件)
  • リアリズムとスピリチュアルが混在する慈愛の物語 経済状況も治安も最悪の街、コンゴのキンシャサで、バーのシンガーとして日々マイクに向かうヒロイン、フェリシテの、まず、一見疲れているようで,実は現実を受け容れていこうとする強い目線に釘付けになる。... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年12月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 出口のない陰欝から賛美へ あることがきっかけで徐々に生気を失い、夢遊病者のように夢と現実をさ迷い、その顔、声、目から光は失われ、その虚ろな空気は周辺の人間模様に影響し、世界はジメジメした息苦しい重い空に覆われてゆく。希望... ...続きを読む

    heaven0 heaven0さん  2018年1月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最後に 8本目。 映画と言うよりドキュメンタリーを観てる感じだった。 ずっーとあの感じだったら暗澹たる気持ちで劇場を後にしたかも知れないけど、最後の笑顔に救われたかな。 出来れば冷蔵庫直って終わりが良か... ...続きを読む

    ひで ひでさん  2018年1月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「わたしは、幸福(フェリシテ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi