わたしは、幸福(フェリシテ)
ホーム > 作品情報 > 映画「わたしは、幸福(フェリシテ)」
メニュー

わたしは、幸福(フェリシテ)

劇場公開日

解説

2017年・第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)受賞作で、フェリシテ=幸福という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきたひとりの女性を通し、アフリカの現実と愛を描く人間ドラマ。コンゴの首都キンシャサのバーで歌いながら、ひとり息子を育てているシングルマザーのフェリシテ。最愛の息子が交通事故に遭ったことで、その絶望からフェリシテは歌さえ歌えなくなってしまう。失意の中にあった彼女があるものと出会い……。監督はセネガル系フランス人のアラン・ゴミス。

作品データ

原題 Felicite
製作年 2017年
製作国 フランス・ベルギー・セネガル・ドイツ・レバノン合作
配給 ムヴィオラ
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第67回 ベルリン国際映画祭(2017年)

受賞
審査員グランプリ(銀熊賞) アラン・ゴミス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

昼と夜、闘いと諦め、生と死ーー理屈でなく響き合うものたちのグルーブ
わたしは、幸福(フェリシテ)の映画評論・批評

セネガル系フランス人アラン・ゴミス監督の快作「わたしは、幸福」は、予定調和の物語の関節をぽき、ぽきっと小気味よく外していく。こうなるだろうと予期したことが必ずしもそうはならずに進む。といってどんでん返しをあざとくつきつけるわけでもない...わたしは、幸福(フェリシテ)の映画評論・批評

他のユーザーは「わたしは、幸福(フェリシテ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi