ブルー・バタフライ
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルー・バタフライ」
メニュー

ブルー・バタフライ

劇場公開日

解説

故・高倉健を題材にしたドキュメンタリー「健さん」を手がけた写真家・日比遊一の初の劇映画作品で、都会の孤独の中でもがき生きる人びとの苦悩を描いた。義父から性的暴行を受け、本来のやさしい性格から一変し、酒やドラッグに身を任せる荒んだ生活を送るようになったメキシコ系の女性ヤズ。そんなヤズを守るために罪を犯した義兄のマニーは、現在は仮釈放の身だが、困ったときに頼ってくる義妹をなんとか支えようとする。マニーの保護観察官ブレナーは、マニーに自分のせいで死んでしまった亡き息子の姿を重ね、マニーを立ち直らせるために、彼からヤズをひき離そうとする。さまざまな人びとの思いが交錯する中、ヤズの荒れた行動はますますエスカレートしていく。

作品データ

原題 Blue Butterfly
製作年 2014年
製作国 アメリカ・日本合作
配給 オンリー・ハーツ
上映時間 89分

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ブルー・バタフライ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi