「男と女の間にある幸せな時間の残し方」ポルト とえさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ポルト」 > レビュー > とえさんのレビュー
メニュー

ポルト

劇場公開日 2017年9月30日
全14件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

男と女の間にある幸せな時間の残し方

ポルトガルの街ポルトで出会ったマティとジェイクの物語

まだ公開前なので、ここではあまり多くを語らないでおくけど
アメリカ人男性と、フランスからやってきた女性が、ポルトという異国の街で、解放的な気分になっていたこととか、
「ひとつの恋」に対する男性と女性の記憶の残り方に違いがあって、
そこがとても面白かった

同じ記憶でも
ある人にとっては、それが人生を支配して、常に頭から離れないけど

それがある人にとっては、人生のひとつの通過点になってしまっているということ

唯一確かなことは、
2人で一緒に美しく幸せな朝を迎えた
ということ

男女間での恋に対する想いの違いは、「(500)日のサマー」を思い出したし
製作総指揮がジム・ジャームッシュということもあって、「ポルト」という街を描いているところは「パターソン」を思い起こさせた

そして、観る前から予想していたことだけど、やっぱり、アントン・イェルチンが恋しくなってしまった

とえ
さん / 2017年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi