ナインイレヴン 運命を分けた日のレビュー・感想・評価

ナインイレヴン 運命を分けた日

劇場公開日 2017年9月9日
12件を表示 映画レビューを書く

忘れかけていた

忘れかけていた9/11の衝撃的なテロを思い出しました。短時間で要点を上手くまとめていた作品だと思います。終盤は胸が締め付けられる想いでした。テロは絶対許せない。
2017-171

隣組
隣組さん / 2017年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほぼエレベーター内だけ

911は悲惨な出来事だったし、人間模様を描きたかったんだろうけど、ほぼエレベーター内だけというのが、舞台を観ている用で映画の大スクリーンと合わない気がした。

やなちゃん
やなちゃんさん / 2017年10月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実の重み ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

イヴが途中階で助かり、ロビーで助けを求めて他の人たちと助かるが、ジェフリーはエレベーターが下に落ちて取り残され、レスキューが手を差し伸べるがそこまで。アメリカ人には今も変わらない衝撃があると思う。

Takashi
Takashiさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何も知らない自分

簡単な感想は災害はあった者にしかわからない

自分は東日本大震災前半は正月に食べ忘れた餅を食べ、水の配給待ち以外は体力使わないように寝てました

あの当時は震災関係の映画がいくつかあったなぁ
規制のせいかノボウの城の津波CG糞になってたなぁ

なんで今頃と思って観てました。

作り物とは言え映画を観る事で知らない事
知ろうとしなかった事を知ると、内容が無いようでも良かったと思います

ビル90階迄階段で登ったら私は死にます

みよしまこと
みよしまことさん / 2017年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「生きることの大切さ」を学びました。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーは、9/11のニューヨーク同時多発テロの日に世界貿易センタービルのエレべーターに乗り合わせた5人がエレベーターに閉じ込められ、協力してそこから脱出する物語です。5人はいろいろな会話をしながらも「とにかく落ち着こう」と声を掛けあいながら、行動して行きます。5人は、日常の境遇(生活環境)は違いますが、しっかり生きようとしている魅力ある人たちでした。また、人は生きるか死ぬかという状況になれば、お金などは役に立たず、今までどのように生きて来たのかということがとても大切になると思いました。

現実の生活をするうえで、電車やバスなどたまたま乗り合わせた状況で不測の事態が起こることがあります。そのような時に自分自身、見ず知らずの方と映画にあったように協力していけるのか不安はありますが、その時、その場で為すべきことを一所懸命にできるよう努めたいと思います。今回の映画は、「今までの人生を振り返ること」と「生きること」の大切さを教えてくれる素晴らしい映画ですので、みなさんも時間が許すのであれば、是非、観てみてください。

今回の映画では、「ジーナ・ガーション」と「ウーピー・ゴールドバーグ」の演技が印象的でした。特に「ウーピー・ゴールドバーグ」の温かい人柄と落ち着いた行動は素敵でした。

なお、映画を観た「新宿武蔵野館」という映画館は、新宿駅からすぐ近くにあり椅子も座りやすく、とても落ち着く映画館でした。

みなさん、1年中で最も過ごしやすい秋となりましたので、どうか素敵な映画をたくさん観てください。

拙文をお読みいただきありがとうございます。

松村 訓明(まつむら のりあき)
松村 訓明(まつむら のりあき)さん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もはや感動できない自分を知る

最近ある事実を知って大変ショックを受けた。
ある大陸に1つの民族が暮らしていた。彼らは1000万ほど人口がいた。
しかしある人々によって実に総人口の95%が殲滅されてしまった。
片方はインディアンであり、今一方はアメリカ大陸に渡ってきた白人である。
(インディアンたち自身は「ネイティブアメリカン」という呼称を政治的だとして嫌っている。)
どちらがどちらかは説明する必要はないだろう。
しかも白人が悪どいのは勇敢な戦士と戦うのを避けあえて後方に控える女子どもからまずは殺したことだ。
戦士の戦意を奪うためと後の戦士を生み出さないための両方の目的があった。
この下りは『レヴェナント』で多少匂わせているが、さすがに殺すシーンまでは描かなかった。恐らく描けば一方的で凄惨な虐殺シーンになるので白人の観客からそっぽを向かれるからだ。
これもアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥというモンゴロイドの血を持っていそうな映画監督だから制作できた映画ではないだろうか。
また白人は積極的にインディアンの各部族同士を仲互いさせお互いが殺し合うように仕向けた。
(この敵を作るまたは内部で対立させる戦略は今のアメリカでも変わっていない。)

筆者はちょうどこの世界貿易センタービルへのテロ攻撃をまさにTVで観ていた。
北京に留学して一時帰国している最中だった。
テレビ朝日のニュースステーションを観ていた時だったと思う。
時代は変わると強く感じた。
あれから世界は良くなるどころか悪くなっている。

そしてもう16年が経つ。映画の公開日も9月9日の土曜日とわざわざ911に近い日に設定する念の入れようだ。
アメリカ人からしたら感動的な話なのはわかる。
だが、前述した事情や、貿易ビルで亡くなった人以上にイラクやアフガンで無辜の民が死んでいることを思えばなんだか映画自体が空々しい。
この映画を上記2国へ持って行っても白い眼を向けられるのが落ちだ。
亡くなった人の中にはアメリカ人だけではなく日本人も含まれているし、その人たちは何も悪くないし、その死は痛ましい。
とはいえ結局は支配層ではなく一般人がいつだって犠牲になるんだというありきたりな記述でお茶を濁すのも違うと思う。
この映画の災禍に会う登場人物たちも白人だけではなく黒人やヒスパニック系が加わり、男女比も3:2とバランスが取れている。
ただ筆者はここにこそこの作品の持つ真の嫌らしさを感じてしまう。
この意見には賛否両論あるだろう。

ハリウッドはとても政治的な場所だ。
ナチスドイツは600万のユダヤ人を殺したと言われているが、この文章の冒頭で述べたようにインディアンは95%が滅ぼされた。
短期間か時間をかけてかの違いはあれ殺された数はどちらも相当に多い。しかし前者を扱う作品は毎年何本も制作されるのに対して後者を扱う映画はほぼゼロだ。
理由は簡単でハリウッドに資金提供している人々にユダヤ系が多いからだ。
この時期になぜ今さらこの映画が制作されたかも気になる。
単に定期的に911を忘れないために創っていくということかもしれないが、北朝鮮情勢を抱える現在勘ぐってしまう。

リンカーンは黒人奴隷制度の廃止を宣言するのと前後してダコタ族の討伐命令を出している。
ダコタ族は土地を取り上げられた代償の食料品が粗悪だったことに怒って決起したのだが、騎兵隊によって全滅させられた。
その際300人のダコタ族が法廷で裁かれたが、わずか5分で結審、全員が処刑された。
これもリンカーンは支持した。
日本は世界中から石油を停められてニッチもサッチもいかなくなった。アメリカに代表団が赴いて交渉してもにべもなくはねのけられ最後は長期戦になれば負けるとわかっていた戦いに突入せざるを得なくなった。
今北朝鮮は同じ状況にある。
もちろん北朝鮮は現在日本の安全保障上の脅威であり、筆者はかの国の肩を持つ気は毛ほどもない。
ただ、この相手を追いつめ暴発を誘い、そして相手を叩きつぶす。それが常套手段に思えるだけである。

テレビを中心とするマスメディアでは、アメリカがどうする?他の国はどうだ?ばかりで、日本はこうする!との視点がほとんどない。
また満足に自国も守れないお粗末なわが国の状況ではアメリカの言うことを聞く以外の選択肢を持てるとも思えない。
軍事力の裏付けのない国に独自の外交などあり得ないのが国際社会の現実だ。
仮に北朝鮮の脅威が取り除かれても日本の未来は決してバラ色ではない。

この映画を観て強く感じたのは、自分はやはりアメリカ人ではないということである。
昔はこの手の映画に感動していたかもしれないが、それがいつだったか最早よくわからない。

そらみつ
そらみつさん / 2017年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

エレベーター内で5人の役者のみが911を物語る

スキャンダルが多く、ご無沙汰ですね、チャーリー・シーン。まだまだ主演で、いけるじゃないっすか‼️

911にはこんな事故も合ったであろう事は想像出来る。もっとパニックになりそうなものだが、実際どうだろう⁉️

レイ零号機
レイ零号機さん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エレべーター

9.11テロの際にワールドトレーディングセンターのエレベーターに閉じ込められた人達という設定のワンシチュエーションドラマ。

きっかけとして9.11テロがあって最後は崩れることが既知ではあるけれど、エレベーターに閉じ込められたパニックスリラーという様相が強過ぎてテロの被害の酷さとか、周辺のパニック感とか何も伝わらず。

これはこれで面白かったけど、9.11との関連付けは希薄で、あくまでもエレベーターに閉じ込められるパニックスリラーとしてという感じ。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間ドラマ脱出劇

久々のチャーリーシーン、6人の熱演。これからどうなった?

kubonbich
kubonbichさん / 2017年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一部

131本目。
今見ても、あの映像はキツイし、胸が痛い。
93年の事も知らなかったし、ほんの一部なんだよな。

ひで
ひでさん / 2017年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台は殆どエレベーターの中だけって・・・

911テロ事件をネタに映画化なのだが、別に911ネタで無くても良い内容。911テロの実際飛行機事故映像を使っている(しかも映画でもテレビ内)だけで、あのテロを思い出させる表現も薄い。
映画的にはお金をかけてCG表現してやろうかと言う気すら感じない。

特に911テロの犠牲者が報われない脚本がゲンナリする。

この映画は唯のエレベーターで閉じ込められちゃった人の90分映画。
開始早々から70分間、5人が閉じ込められたエレベーター内のやりとりのみの映像を見せつけられる。これが苦痛でしかありません。
ただ、出してくれ〜と感動すら湧いてこない。

テレビドラマの予算で作れる内容。ってかコレはアメリカテレビドラマでは無いのか?
チャーリーシーンや、ウーピーゴールドバーグにも「そりゃ無いっすよ」と怒りをつぶけたくなる。

こんなにつまらないなんて思いませんでした。
予算いくらっすかね?コレ
映画でやるな。
語りたくありません。今後。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

題材が題材だけに楽しい訳はない

チャーリーシーンとウーピーゴールドバーグに惹かれて鑑賞。
ご無沙汰な気がする役者さん。

当時の映像絡めて魅せるが、
メインがエレベーター内だからか、その周りでの惨状の描写はあまり無い。
緊迫した状況なのだが、ハラハラ感じはそれ程無い。
赤の他人通しが協力して危機を乗り越える部分は胸撃たれた。

ウォール街の続編か?と言うような役どころではあるけど、
下から上を見上げるチャーリーが格好良い。
好きならそれだけでも見る価値あるかも。

toosumi
toosumiさん / 2017年9月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi