パーフェクト・レボリューション 特集: ポップでバカな、唯一無二のリリー・フランキー流《究極の愛の形》SEKAI NO OWARI、銀杏BOYZらも熱く共感した この《ハチャメチャ・ラブストーリー》に、泣いちゃう?かも!?

ホーム > 作品情報 > 映画「パーフェクト・レボリューション」 > 特集 > ポップでバカな、唯一無二のリリー・フランキー流《究極の愛の形》SEKAI NO OWARI、銀杏BOYZらも熱く共感した この《ハチャメチャ・ラブストーリー》に、泣いちゃう?かも!?
メニュー

パーフェクト・レボリューション

劇場公開日 2017年9月29日
2017年9月25日更新

ポップでバカな、唯一無二のリリー・フランキー流《究極の愛の形》
SEKAI NO OWARI、銀杏BOYZらも熱く共感した
この《ハチャメチャ・ラブストーリー》に、泣いちゃう?かも!?

困難に負けずに愛し合う男女の奮闘の日々を、エネルギッシュかつ爽快感たっぷりに描く 困難に負けずに愛し合う男女の奮闘の日々を、エネルギッシュかつ爽快感たっぷりに描く

映画、テレビ、CM、イラストと今や目にしない日はない人気実力派リリー・フランキーが、これまでになく心血を注ぎこんだ入魂の1作が、いよいよ公開を迎える。ハンディキャップを抱える男女が“究極の愛”を育む姿をエネルギッシュかつ軽妙に描いた「パーフェクト・レボリューション」(9月29日公開)だ。ポップな爽快さが突き抜け、真面目だけどキュート、笑えるけどグッと来る。リリーのキャラクターだからこそ表現できた、愛すべき一作だ。


ゆるさ、エロさ、自然体──リリー・フランキーだから軽妙に描けたこのテーマ
リリー史上最も“熱い思い”を込めた作品が本作!

どんな時も全力投球で、愛にあふれたヒロイン・ミツを演じたのは若手実力派・清野菜名 どんな時も全力投球で、愛にあふれたヒロイン・ミツを演じたのは若手実力派・清野菜名

数多くの作品に出演しながらも「作品を『こうしたい』って言うことはほとんどない」と自己分析するリリー。だが本作では、自身の殻を打ち破るアグレッシブな姿勢を貫き、出演はもちろんのこと製作段階から積極的に携わり、情熱をぶつけたという。その理由は、主人公のモデルとなった熊篠慶彦氏の活動に感銘を受け、障がい者をめぐる現状に風穴を開けたいと強い使命感を感じたから。これまでにない“本気”を、ゆるくてちょいエロ、自然体のいつもの魅力で体現したのが、本作なのだ。

主人公のクマ(リリー)は、本屋に堂々と成人誌を買いに行くなど極めてオープンな性格 主人公のクマ(リリー)は、本屋に堂々と成人誌を買いに行くなど極めてオープンな性格

本作でリリーが大切にしたのは、「『障がい者だって恋がしたい』という“当たり前”を伝えたい」というメッセージ性と、「重くないといけない理由はない。ゲラゲラ笑えるバカな映画でもいい」という空気感。この2本柱が、リリーの軽妙な存在感と疾走感あるストーリーによって、見事に融合している。

リリーは、撮影の休憩中も車椅子から決して降りず、ストイックに役作りに励んだという リリーは、撮影の休憩中も車椅子から決して降りず、ストイックに役作りに励んだという

リリーが本作で演じたクマは、幼少期に脳性マヒを患い、車椅子生活を余儀なくされた人物。リリーは、演じるに当たってモデルとなった熊篠氏を徹底的に観察し、手の動きやしゃべり方、目線やまとっている空気まで本人を“完コピ”。熊篠氏からも「すごかった。形態模写のよう」とお墨付きを得た。

リリーによれば、初共演の清野とは早々に打ち解け、「あうんの呼吸」で撮影に挑めたそう リリーによれば、初共演の清野とは早々に打ち解け、「あうんの呼吸」で撮影に挑めたそう

本作は企画から約5年の歳月をかけて完成を迎えたが、リリーは「どんな形でも参加したい」と並々ならぬ決意で、製作初期段階から関わった。スケジュールの合間を縫って監督や企画者でもある熊篠氏と密にコンタクトを取り、熱い思いを抱えるあまり、衝突することもしばしばだったという。


障がいのあるふたりが、純粋に突き進むハチャメチャ・ラブストーリー!
彼らが巻き起こす“革命”からあなたはどんなメッセージを受け取る?

クラブで2人がダンスを踊るシーンは、本作の中で随一のロマンティックな場面だ クラブで2人がダンスを踊るシーンは、本作の中で随一のロマンティックな場面だ

本作は何を隠そう、心底ピュアなラブストーリーだ。脳性マヒの影響で手足が自由に動かせない境遇にもめげず、バイタリティ満タンで活動に励むクマ(リリー)と、精神に問題を抱えながらも日々を全力で生き、愛する気持ちを失わない風俗嬢ミツ(清野菜名)。エネルギッシュな2人が運命の出会いを果たし、数々のハードルを乗り越えて愛を貫こうと奮闘する姿は、見る者にとびっきりの勇気と活力を与えてくれる。笑いも涙も詰まった2人のハチャメチャな恋の行方に、きっと心を奪われるはず!

軽妙なトークで人気を博すクマは、健常者が持つ障がい者への先入観を取り払っていく 軽妙なトークで人気を博すクマは、健常者が持つ障がい者への先入観を取り払っていく

障がい者を取り巻く誤認や偏見を打破しようと各地で精力的に講演活動を行い、障がい者の性への理解を訴え続けるクマ。決して深刻な話ばかりをするのではなく、下ネタを絡めたトークで聴衆の心をつかみ、著書の出版記念トークショーには多数の観客が参加。彼の努力は、少しずつ実を結びつつあった。

「TOKYO TRIBE」「ユリゴコロ」など成長著しい清野が、精神に問題を抱えた難役に挑戦 「TOKYO TRIBE」「ユリゴコロ」など成長著しい清野が、精神に問題を抱えた難役に挑戦

クマの講演に参加し、生きる勇気を与えられたミツは、クマに猛烈なアタックを開始。突然のことに戸惑い、取り合わなかったクマだったが、「生まれも性別も、職業も能力も、お金も年齢も幸せには関係ない!」というミツの不器用ながらもまっすぐな姿に次第に心ひかれ、共に生きていこうと決意する。

クマのヘルパーを始めたミツに、世間も注目。話題のカップルとなった2人はどうなる? クマのヘルパーを始めたミツに、世間も注目。話題のカップルとなった2人はどうなる?

クマのヘルパーを始めたミツだったが、周囲は賛同者ばかりではなかった。2人の恋愛が「不可能だ」と決め付ける人々に、ミツは真っ向から反抗し、クマはミツの愛に心打たれる。そんな折、クマがアクシデントにあい、かけがえのない存在だと再確認したミツは結婚を申し出るが……。

小池栄子(写真左)が、クマとミツを見守るヘルパーの女性役で存在感を発揮している 小池栄子(写真左)が、クマとミツを見守るヘルパーの女性役で存在感を発揮している


峯田和伸(銀杏BOYZ)が物語に共感し、“あの名曲”を提供!
そして、多くの著名人がリリーの熱いメッセージに賛同!

リリーが全身全霊で挑んだこん身の1作に、ミュージシャンや俳優、多くの業界人が共鳴 リリーが全身全霊で挑んだこん身の1作に、ミュージシャンや俳優、多くの業界人が共鳴

リリーがあふれる情熱を正真正銘100%注ぎ込んだ本作に、各界の著名人もこぞって反応。リリー直々のオファーを快諾し、名曲「BABY BABY」を提供した人気ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸をはじめ、若者から圧倒的な支持を集めるバンド「SEKAI NO OWARI」のFukase、リリーが日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた「ぐるりのこと。」やリリーのベストセラー小説を映画化した「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で存在感を発揮した安藤玉恵たちが、熱いエールを送っている!

画像14

関連コンテンツ

インタビュー

リリー・フランキー、「どんな形でも参加したかった」こん身の意欲作で見せた明確な“変化”
インタビュー

映画、ドラマ、雑誌、CM……今やこの人の顔を見ない日はないのではないか。2016年は9本(声優含む)、17年は5本もの映画に出演する超売れっ子、リリー・フランキー。そんなリリーが「どんな形でも参加したい」と並々ならぬ決意で挑んだのが、...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す