「ありがとう」パーフェクト・レボリューション ジャック・ブラック1952llさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「パーフェクト・レボリューション」 > レビュー > ジャック・ブラック1952llさんのレビュー
メニュー

パーフェクト・レボリューション

劇場公開日 2017年9月29日
全25件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ありがとう

「身体障害者だって恋もするし、セックスもしたい。障害者はただの人間なんです」

当たり前のことなのに考えもしなかった
主人公の熊篠慶彦さんはリリーさんと十年来の友達と言うこともありこの役が回ってきたとのこと
そのリリーさんの友人の福山雅治さんのラジオでこの映画を知りその日のうちに映画館へ

誰だって発信者になれる、受けとるばかりではなくなんでもいいから発信したい!
これは私の個人の意見ですがね

さて映画映画
ステキな映画でし、『最強のふたり』を思い起こすシーンもあり笑いや苛立ちもしました
可愛そうだとか頑張ってとかはあまり思わなかったのは何故だろう
僕はね昔っからあまり人を区別して見ることがないんですよ、性別も国籍も貧富の差も、そして障害者もね
人にはそれぞれ役割がありその役で生きている
そう 人それぞれ だから妬んだり嘆いたりしないようにしようとは思うけどこれはなかなか難しい
あらゆる欲が邪魔してくるからね

映画冒頭の「ありがとう」が徐々に断りの感情から愛情に変わるのが私の感動ポイントになりました。
良いものを観た後は心から「ありがとう」なのです。

ジャック・ブラック1952ll
さん / 2017年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi