「スタイルのみごとさを越えてくる瞬間。」ベイビー・ドライバー バッハ。さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ベイビー・ドライバー

劇場公開日 2017年8月19日
全231件中、82件目を表示
  •  
映画レビューを書く

スタイルのみごとさを越えてくる瞬間。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観た人に感想を聞いて回ったが、スタイルだけで中身がない、という批判を聞く。実際「そうじゃありません!」と断言できる反論を思いつかないが、自分は確実にグッときたし、ただカッコいいだけの映画とは思わない。

自分が一番グッとくるのは「橋の向こう側がパトカーで封鎖されている」場面。いかにもアメリカンニューシネマ的なベタな展開なのは承知している。だがエドガー・ライトは敢えてアメリカンニューシネマを照れることなくやってみたかったのだと思う。

音楽と映像とのシンクロは大きな魅力だが、あのシーンはそのコンセプトよりもニューシネマ的な逃避行を優先させているし、その上で安易なニューシネマ的バッドエンドに落とさなかったことにも嬉しくなってしまった。作り手が絵空事を本気で信じているからこそ実現した、とても美しくてハッピーな映画だと思うし、それぞれにグッとくるところが見つかるかが評価の分かれ目になるのだろう。

バッハ。
さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi