「カーアクション+青春音楽映画の融合が楽しい」ベイビー・ドライバー AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ベイビー・ドライバー

劇場公開日 2017年8月19日
全280件中、268件目を表示
  •  
映画レビューを書く

カーアクション+青春音楽映画の融合が楽しい

カーチェイスの場面を疾走感あふれるBGMで盛り上げるのは常套手段だが、ジャンル映画にひとひねり加えるのが得意なエドガー・ライト監督は、カーアクション映画に流れる音楽を単なるバックグラウンドから“必然”に格上げする方法を考案した。主人公ベイビーに持病の耳鳴りがあり、これを打ち消して運転に集中するために音楽を聴く。音楽のグルーヴに乗って車が躍動する。観客もその映像と音楽に同期することで一層の没入感を得られるのだ。

クライムサスペンス的な面白さに加え、音楽家でない主人公の青春音楽映画、具体例を挙げると「あの頃ペニー・レインと」「エンパイア・レコード」「キミに逢えたら!」などに通じるポップで切ない感覚も大きな魅力。アンセル・エルゴートとリリー・ジェームズの組み合わせも、そこそこキャリアのある2人なのにフレッシュさがあって好感を持った。

AuVis
さん / 2017年8月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi