此の岸のこと
ホーム > 作品情報 > 映画「此の岸のこと」
メニュー

此の岸のこと

劇場公開日

解説

故・蜷川幸雄による55歳以上の団員で構成された演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の団員が、老老介護の厳しい現実に直面した夫婦を演じる短編作品。長年にわたる妻の介護生活の果てに、自身も体を患い、妻よりも先が長くないことを悟った夫。最後に彼が求めたのは、かつて夫婦で撮影したスナップ写真に写った妻と自分の笑顔だった。監督は吉行和子主演の「燦燦 さんさん」で長編監督デビューを果たした外山文治。夫婦役を「さいたまゴールド・シアター」の遠山陽一、百元夏繪が演じる。「映画監督外山文治短編作品集」と題し、外山監督の手がけた短編「わさび」「春なれや」とあわせて劇場公開。

スタッフ

監督
脚本
外山文治
製作
外山文治
撮影
上野彰吾
録音
宋普瑞
音楽
松本あすか

キャスト

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
上映時間 30分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「此の岸のこと」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi