日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち
ホーム > 作品情報 > 映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」
メニュー

日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち

劇場公開日

解説

1933年日本統治下の台湾に登場したモダニズム詩人団体にスポットを当てたドキュメンタリーで、台湾のアカデミー賞に相当する金馬奨で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。日本による植民地支配が40年近く経過した1930年代の台湾で誕生したモダニズム詩人団体「風車詩社」。植民地支配下で日本語教育を受け、日本留学の経験を持つ彼らエリートは、日本語による詩を創作し、新しい台湾文学の創造を試みた。日本近代詩の先駆者で、世界的評価を得ているモダニストの西脇順三郎や瀧口修造といった日本文学者たちから刺激を受け、ジャン・コクトーなどの西洋モダニズム文学に触れ、情熱を育んでいった若きシュルレアリストたちが、二二八事件、白色テロといった時代のうねりに巻き込まれていく。1年半で活動を終え、歴史に埋もれた「風車詩社」の文学を通し、当時の台湾と日本の関係や、政治弾圧という社会的な側面が浮かび上がらせていく。

作品データ

原題 日曜日式散歩者 The Moulin
製作年 2015年
製作国 台湾
配給 太秦
上映時間 162分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi