オラファー・エリアソン 視覚と知覚
ホーム > 作品情報 > 映画「オラファー・エリアソン 視覚と知覚」
メニュー

オラファー・エリアソン 視覚と知覚

劇場公開日

解説

デンマークの現代美術家オラファー・エリアソンを追ったドキュメンタリー。2008年に総制作費約17億円をかけ、世界55カ国の約140万人が鑑賞、75億円超の経済効果を記録した、ニューヨーク市イースト川での巨大な滝のインスタレーション「ザ・ニューヨークシティー・ウォーターフォールズ」の制作過程の模様を中心に、2009年に金沢21世紀美術館で開催された個展の出展作品、ドイツのスタジオでの制作風景を映し出す。また、創作や講演のため世界中を奔走する姿も収め、エリアソン自身が視聴者に語りかけながら行う視覚的実験や、独自の芸術論が展開される。

作品データ

原題 Olafur Eliasson: Space Is Process
製作年 2009年
製作国 デンマーク
配給 フィッカ
上映時間 77分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「オラファー・エリアソン 視覚と知覚」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi