50年後のボクたちは : 映画評論・批評

50年後のボクたちは

劇場公開日 2017年9月16日
2017年9月5日更新 2017年9月16日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにてロードショー

スリルと冒険と初恋と友情と別れがぎっしり詰まった、ひと夏の逃避行

目的地の正確な場所は不明のまま、盗んだディーゼル車に同乗し、とりあえず日程も行程も決めず、行き当たりばったりの旅を続ける14歳のマイクとチック。クラスでもあぶれ者の2人が辿る、スリルと冒険と初恋と友情と別れがぎっしり詰まったひと夏のロードの、何と瑞々しくてほろ苦いことか!?

マイクはクラスメートから変人扱いされ、秘かに想いを寄せる美少女のタチアナにも無視されてへこみ気味。おまけに不動産業で成功した父親は女を作って家に帰らず、そのせいで母親は酒浸りだ。そんなマイクがある日、"大五郎カット"の転校生チックに誘われ、お祖父ちゃんの故郷、ワラキアを目指すことに。チックがマイクに急接近してきたのは、多分、互いの中に同じ淋しさと不満と、実は「ムーンライト」的に切ない理由があったからなのだが、それはさておき、2人の行く手には魅惑のハプニングが待ち受ける。

画像1

青々としたトウモロコシ畑に車ごと突っ込むディーゼル車、空腹を満たすために訪れた農家で体験する一時の安らぎ、旅の途中で知り合った行きずりの少女、イザとの心ときめく時間、アウトバーンでトラック相手に繰り広げるいっぱしのカーチェイス、そして、「また会おう」と言って暗闇に消えていったチックのラストショット。。。

すべてをやりきって新学期を迎えたマイクが、見違えるほど大人になっていたのは言うまでもない。一瞬にして過ぎ去る10代のかけがえのない時間が、無意識のうちに少年を成長させる人生の不可思議さ、歪さを、夏休みの逃避行に集約し、描いたロードムービーの達人、ファティ・アキンの最新作である。

究極は、マイク、チック、イザの3人が思い出の高台で誓い合う"50年後の再会"。その時、眼前に広がる未知なる未来に胸をときめかす3人の後ろ姿を、いったいボクたち大人はいつの頃から忘れてしまったのか? 無知で無垢だった頃の自分が、少年たちのきらきらした瞳と共に蘇って来るような錯覚に陥らせる瞬間が、ここにはある。

清藤秀人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全4件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi