リュミエール!
ホーム > 作品情報 > 映画「リュミエール!」
メニュー

リュミエール!

劇場公開日

解説

「映画の父」と称されるリュミエール兄弟が遺した膨大な作品群からセレクトした映像で構成された、リュミエール兄弟へのオマージュ作品。1895年12月28日パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエールの兄弟が発明した撮影と映写の機能を持つ「シネマトグラフ」で撮影された映画「工場の出口」など10本の作品が世界初となる有料映画上映会で上映された。1本の長さが約50秒という短い時間ながら、それぞれの作品で取り入れられた演出、移動撮影、トリック撮影といった撮影テクニックは、現在の映画の原点とも言われている。カンヌ国際映画祭総代表で、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモーが、リュミエール兄弟が1895年から1905年の10年間に製作した1422本の短編作品から108本の作品を厳選し再構成。4Kデジタルによる修復を施し、90分の作品として完成させた。日本語吹替版ナレーションを落語家の立川志らくが担当。

キャスト

作品データ

原題 Lumiere!
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全7件)
  • 良い映画 映画を観るのは好きだが、技術的なことはよく知らない私には、大変勉強になりました。少々眠気は来ますが、こちらが落ちてしまう前に、良いタイミングで映画も終了いたしました(笑) ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2017年12月15日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 初めから映画は面白かった 動くものを作ること 写真が動く、なんか面白いことをしている、 50秒の小さな物語、映像の冒険が詰まっていた。 ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2017年12月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 原作について 映画の原点に近づいたような気もしてフランスのリヨンや名所をあらゆるところに映し出した わずか50秒で 撮影。 モノクロなところに 懐疑します。 過去、映画概論にオススメいたしたい作品の一つです。 ...続きを読む

    Kimiko Shimizu Kimiko Shimizuさん  2017年12月10日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「リュミエール!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi