ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女
ホーム > 作品情報 > 映画「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」
メニュー

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

劇場公開日

解説

「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」のソン・イェジンが、実在した大韓帝国最後の皇女・徳恵(トッケ)翁主を演じたスペクタクルドラマ。「四月の雪」「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督が、徳恵翁主の激動の生涯をフィクションを交えて描いた。日本統治時代、大韓帝国の初代皇帝・高宗の娘である徳恵翁主は、政略に巻き込まれ、わずか13歳で日本へ留学させられてしまう。祖国へ帰ることを心待ちにしながら大人になってしまった彼女の前に幼なじみであるジャンハンが現れる。ジャンハンは大日本帝国に従事する一方で、徳恵と彼女の兄である皇太子の上海への亡命計画を秘密裏に練っていたが……。イェジンのほか、ジャンハイ役を「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」のパク・ヘイルが演じ、日本からは戸田菜穂が出演。

キャスト

作品データ

原題 The Last Princess
製作年 2016年
製作国 韓国
配給 ハーク
上映時間 127分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全7件)
  • フィクション映画です ネタバレ! 映画の最初に、この作品はフィクションだと明示されます。 小説を映画化した作り話・物語だと納得して鑑賞すると、大ラブストーリー待っています。かわいそうなプリンセスを一生をかけて救いだす男のファンタ... ...続きを読む

    オパール オパールさん  2017年8月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 全部ウソ 名前以外全部ウソのクズ。韓国でもここまでやっていいのか?といわれたクズです。 ...続きを読む

    naaw naawさん  2017年7月26日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 大韓帝国最後の皇女 ネタバレ! 昔の日本と韓国の関係を描いた作品。韓国併合やらなんやらで、完璧に日本に支配されつつある韓国。最後の皇女である主人公は、ほぼ強制的に日本に連れてこられます。 どうにかして祖国に帰りたい主人公ですが... ...続きを読む

    Stockholm Stockholmさん  2017年7月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi