「人間も動物も、全ての命の重さは等しく尊い」ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命 とえさんの映画レビュー(感想・評価)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

劇場公開日 2017年12月15日
全42件中、38件目を表示
  •  
映画レビューを書く

人間も動物も、全ての命の重さは等しく尊い

泣いたわー

1939年の第二次大戦中、ドイツの占領下にあったポーランドのワルシャワ動物園で
経営者夫妻がナチスドイツ兵の目を盗んで、多くのユダヤ人を救った実話を描く

ドイツ兵はユダヤ人だけでなく、多くの動物も殺していて
この夫妻は一頭でも多くの動物、一人でも多くのユダヤ人を救おうと奔走する

命がけで人々を救おうとする彼らの愛や、命の大切さを改めて感じる作品

とても分かりやすくできていて、当時のポーランドの情勢を知らなくても理解できるところも良かった

映画の上映後にはジェシカ・チャステイン登壇の舞台挨拶もあって
んもーーーー
ジェシカは美しくて可愛かった

これは実話で、こんなに素晴らしい人がいたんだと、全ての人に知って欲しい作品

とえ
さん / 2017年11月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi