蜷川幸雄シアター「身毒丸 復活」(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

蜷川幸雄シアター「身毒丸 復活」

劇場公開日 2017年5月20日
2件を表示 映画レビューを書く

蜷川幸雄さんに感謝

蜷川さん、藤原竜也を見出してくれて、ありがとうと心から感謝したい気持ちになりました。

この方は日本の財産ですね。

映画なんですが、最後は私も立ち上がって拍手したかったです。そのくらい素晴らしかった。

凛
さん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

苦しい愛憎劇

大人になれない身毒丸と継母、家族の物語。

死んだ母を想うがあまり継母を認められない身毒丸だけど、母売りの場では一目で彼女に魅入られたような素振りを見せていて、その後は母を想いながらも何処かで彼女に惹かれる気持ちの狭間でもがいていたように思えた。
体裁を気にする父親と継母と連れ子の弟との家族ごっこにも入ることは出来ず苦しむ身毒丸、継母をことごとく拒絶する様は愛に飢え意地を張っているようで痛々しかった。
最後は家族も崩壊、しかし身毒丸と継母はやっとお互いを見つめ合い抱き合い二人で歩いて行く。

役者陣の鬼気迫る強烈な演技と演出がエグくて壮絶でただただ惹きこまれた。
藤原竜也は26歳、綺麗で儚げで でも全身で演技する姿は誰よりも大きく力強くてドラマや映画で見る彼とはまた違った魅力に溢れていた。
白石加代子、最初は凄い顔したオバさんだなーなんて思っていたけど艶やかで狂気溢れる演技に頭をガツンと殴られるように感じた。

セリフや演出が全て理解出来たわけではないけど、もうひたすら面白かった。

劇団四季を観ても小さな劇団を観ても、舞台特有の大きな声と抑揚と演出がどうしても苦手だった。
今回この舞台を映画館のスクリーンで観て、これはナマで見たかったと心から思えた。
多分ストーリーや演出で好き嫌いはあるけれど面白いものもたくさんあるはずで、これから色々観に行きたいと思う。
ただ、もう蜷川幸雄演出 藤原竜也出演の舞台を生で観ることは叶わないんだと思うと残念極まりない。

KinA
KinAさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi