蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」

劇場公開日 2017年5月13日
1件を表示 映画レビューを書く

藤原竜也と吉田鋼太郎、上手いね。 ネタバレ

芝居で観る時とシネマで観る時の大きな違いは、役者の表情と相手役との空気感が伝わってくることだと思う。シネマで観ると役者同士のやりとりの絶妙さや表情などがよくわかるのだ。
その点では吉田鋼太郎の演技は秀逸だった。阿部寛に対して色々仕掛けるけど阿部ちゃん、ちょっと受けきれてなかったかもしれない。
そして藤原竜也の演説シーンで彼は一気にこの芝居の中心人物になってしまった。民衆をあれよあれよと巻き込み洗脳して味方につけていく。まさに彼らとの空気がどんどん熱くなっていくのだ。
演説を聞いてあっという間に考えを変えてしまう民衆は悲しいかな現代も一緒かもしれないなぁ。

ニョロ
ニョロさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi