「If an ass goes a travelling, he'll not come home a horse.」クロス いぱねまさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「クロス」 > レビュー > いぱねまさんのレビュー
メニュー

クロス

劇場公開日 2017年7月1日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

If an ass goes a travelling, he'll not come home a horse. ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

結局出自は変わらない。唯、変わろうとする葛藤、願い、その先の未来を信じたいと渇望が今作品のテーマである。
平成25年度城戸賞の入選作品多分であり、これ以降入選作がないとのことだが、この賞自体、存じ上げていない。多分、業界内のこじんまりとしたコンペティションなのだろう。キャッチフレーズが『実写化不可能』 何が不可能なのか、実際脚本観ていないので分からないが、せめて小説化すれば、だれかネットで紹介するのだろうけど。。。
主要キャストも又、はじめましての人達。その中で、斉藤工、オールナイトフジの司会の女性の出演は、バジェットがそれなりに大手映画会社や吉本が絡んでいるからだろう。
同じ贖罪モノとしてマンチェスタバイザシーとの比較を余儀なくされる。残念だが、ハリウッドには足下に及ばないのが正直な感想。
存じ上げていなかったが冒頭のカリール・ジブラン著『予言者』の詩の一節が紹介されるのだが、この演出も又、勿体付けたような作りで、直接的に本編と結びつけることができなかった。この本自体が、如何様にも解釈できる普遍的な話らしいので、多分、監督が好きな本なんだろうなぁと思った次第。
プロットとしては、集団暴行死事件、不倫故の殺人事件、それぞれの加害者である二人の女とその間で揺れ動く男の愛憎劇。どちらかというと、映画よりも今流行りのオンデマンドビデオみたいなのでやればスト-リー展開が拡がるのかも知れない。それ位この短い時間で、三人の登場人物の動きが散漫で、一本筋が通っているような流れではない。まるでそれは群像劇のような感じなのだが、しかしだからといって3人それぞれの過去の出来事や思いみたいなものが薄くてストーリーに入っていけない。特に妻役の人が、初めての映画出演なのに、演技がなかなか上手だったので本当に勿体ないと感じた。憎まれ役が堂に入ってて、顔から滲み出る『反吐が出る』ような憎たらしい表情は、中々今の女優にはいないタイプだ。だからこそこの女性が過去の事件にどう拘ってきたのかというシーンを丁寧に描いて欲しかった。斉藤工扮するジャーナリストも中途半端で、チンピラ的な要素を最初出しておきながら、結局はいい人であったみたいなプロットはもっとドラマティックになれるのではないのかと、この一連の、氷が溶けて薄まったアイスコーヒーのようなとても浅いストーリーと演出に、飽きが来てしまうことを禁じ得ない。
エロティックと名打っているが、ラストのセックスシーンのみ。しかも、貧相なパストトップ見せられても、何もリビドー感じない有様。この女性の抑えられない官能というか、色欲みたいな爛れた性欲をもっと前振りがあれば、生きてくるシーンなのだが・・・
正直、残念な内容の作品であった。

いぱねま
さん / 2017年7月3日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi