甘き人生 : 映画評論・批評

メニュー

甘き人生

劇場公開日 2017年7月15日
2017年7月4日更新 2017年7月15日よりユーロスペース、有楽町スバル座ほかにてロードショー

普遍的なまでのリアリティが深い感動を呼び起こす

先鋭的な権力・ファシズム批判を露わに謳い上げる政治映画から家族の深淵を探求するファミリー・ロマンスまで、多彩なモチーフを豊潤な映像感覚で描くマルコ・ベロッキオは今やイタリア映画随一の巨匠といってよい。新作「甘き人生」は、近年、好んで手がけている後者のテーマを最も純化させた傑作である。

1969年、トリノ。9歳の少年マッシモ(ニコロ・カブラス)は、突然、母親(バルバラ・ロンキ)が謎めいた死を遂げたことで、深刻なトラウマを抱え、以後、心を閉ざしたまま、人を愛することができない。

1990年代、敏腕なジャーナリストとなったマッシモ(ヴァレリオ・マスタンドレア)はサラエボ紛争取材後にパニック障害を起こし、精神科医のエリーザ(ベレニス・ベジョ)と出会って、恋に落ちる。

映画は、滑らかさを欠いたギクシャクした語り口でこの二つの時代をたえず往還しながら、この自閉的で癒しがたい孤独を抱えた男の屈折した内面世界に深く分け入っていく。心筋梗塞という母の死因は果たしてほんとうなのかという積年の疑念が湧いてくる。マッシモが母の死の真相をたどるひとつのきっかけとなったのが、新聞の「母を愛せない」と悩む中年男の人生相談投稿にマッシモが自身の経験を綴った回答を寄せ、社会現象のようなセンセーショナルな話題を呼んでしまう皮肉なエピソードであることは興味深い。

画像1

冒頭、明るい自宅の居間で母とマッシモが哄笑しながらツイストを踊るシーンの至福感はちょっと形容しがたい。この強烈なまでの歓喜に満ちた躍動感は、エリーザの祖母のダイヤモンド婚式のパーティで、マッシモとエリーザが吹っ切れたように激しく踊りまくるシーンと深く響応し合っている。

一見、まったく似ていないベレニス・ベジョバルバラ・ロンキの顔が一瞬、重なる瞬間がいくどかある。ラスト近く、深夜のプールで、高飛び込み台からダイブするエリーザに象徴されるように、マルコ・ベロッキオは、随所で、母とエリーザのイメージを意図的に混淆させ、苦悩にまみれたマッシモという一人の男を麗しく救済している。その普遍的なまでのリアリティが深い感動を呼び起こすのである。

高崎俊夫

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全3件)
  • 重力と垂直運動 私たちの三次元の世界には重力がある。 エネルギーが加わると物は無情に落下し、停止する。時間と空間を自由に動き回ることは、神にもベルフェゴールにも決してできない。 人の心の動きも、物質における重... ...続きを読む

    Raspberry Raspberryさん  2017年7月23日 23:44  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 男はつらいぜ、いい夢を! 夜から朝に変わる時間に母が突然消え、亡くなったと聞かされた9歳のマッシモ。彼は愛する母の死を信じることができない。映画は、マッシモのその後の人生を、少年時代と30年後のジャーナリスト時代とを行っ... ...続きを読む

    manambo manamboさん  2017年7月23日 22:17  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • @Busan IFF. Some parts are pretty... @Busan IFF. Some parts are pretty touching, especially the newspaper letter, it made me cry hard ... ...続きを読む

    Vexit Vexitさん  2017年6月7日 05:09  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi