いのちあるかぎり 木田俊之物語
ホーム > 作品情報 > 映画「いのちあるかぎり 木田俊之物語」
メニュー

いのちあるかぎり 木田俊之物語

解説

全身の筋力が次第に低下していく筋ジストロフィーという難病を抱えながらも、車いすで歌い続けている歌手・木田俊之の半生を描いたドラマ。1957年、青森県に生まれた木田は、上京後、左官などの仕事をしながら趣味で音楽活動を続けていた。そして82年、妻となる智恵子と出会い結婚。子どもも生まれて幸せな日々を送っていたが、ある時「筋ジストロフィー」を発病する。一時は自暴自棄にもなった木田だったが、智恵子の支えや歌仲間との交流を通じ、難病と戦いながら紅白歌合戦への出場を夢みて歌い続ける。

スタッフ

監督
脚本
渡邊豊
エグゼクティブプロデューサー
白岩英也
プロデューサー
藤井学
音楽
太田勝一郎
主題歌
木田俊之
題字
八嶋龍仙

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
上映時間 107分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「いのちあるかぎり 木田俊之物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi