ジャコメッティ 最後の肖像
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャコメッティ 最後の肖像」
メニュー

ジャコメッティ 最後の肖像

劇場公開日

解説

フランスで活動した芸術家、アルベルト・ジャコメッティが最後の肖像画に挑んだ様子を描いたドラマ。1964年、パリ。ジャコメッティはアメリカ人青年のジェームズ・ロードに肖像画のモデルを依頼する。ロードはジャコメッティの頼みを喜んで引き受けるが、すぐに終わると思われた肖像画の制作作業は、ジャコメッティの苦悩により、終わりが見えなくなっていた。その中で、ロードはジャコメッティのさまざまな意外な顔を知ることとなる。監督は、「ハンガー・ゲーム」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズなどで俳優として活躍し、本作が5作目の監督作となるスタンリー・トゥッチ。ジャコメッティ役に「シャイン」でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのバルボッサ役でも知られるジェフリー・ラッシュ。ジェームズ・ロード役に「ソーシャル・ネットワーク」「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー。

作品データ

原題 Final Portrait
製作年 2017年
製作国 イギリス
配給 キノフィルムズ
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

“現オスカー”俳優VS“今最もその座に近い”俳優による《至高の心理戦》何日経っても肖像画が完成しない──この男、本当に天才芸術家なのか?良質ブランド=《シャンテ・ムービー》本作が新年1作品目
大作からアート作品まで幅広く出演してきた2人が、満を持して初共演を果たした

「シャイン」のオスカー俳優ジェフリー・ラッシュと、「君の名前で僕を呼んで」でゴールデングローブ賞候補となったアーミー・ハマー。実力派2人の共演が実現した「ジャコメッティ 最後の肖像」が、2018年1月5日から全国公開。東京でのメインの...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

不毛にすら思える非効率的な創作過程の活写が、現代の風潮への豊かな批評をはらむ
ジャコメッティ 最後の肖像の映画評論・批評

これが巨匠ジャコメッティの創作の実態なのか――。アメリカ人作家のジェイムズ・ロードは1964年、パリから帰国する直前、アルベルト・ジャコメッティから肖像画のモデルを依頼される。ジャコメッティは半日もあれば描き上げると告げるが、いざ始ま...ジャコメッティ 最後の肖像の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全17件)
  • キュートなおじいさん 芸術家らしいわがままさを持ち、けれど嫌いになれない可愛らしさも持ちつつ。 離れられない妻と支える弟の気持ちがわかる。 恋人?の登場で映画の中の雰囲気が軽くなり見やすかった。 音楽も可愛い ...続きを読む

    ふわり ふわりさん  2018年2月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ザ・ゲージツ家 ジャコメッティが描いた最後の肖像画。 その『最後』の謎や真相を読み解く!…とかそういった類のストーリーではございまてん。 たった1日の約束でモデルを引受けた編集者兼作家のジェームスが、実際には2... ...続きを読む

    オイラ オイラさん  2018年2月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 芸術家は女好き フランスで活動した芸術家、アルベルト・ジャコメッティが最後の肖像画に挑んだ様子を描いたドラマ。 芸術家なんて気難しくて女好きよね。 完璧主義者ってどこで完璧と思えるのか、きっと完璧を求めすぎて自... ...続きを読む

    otoboke otobokeさん  2018年1月31日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ジャコメッティ 最後の肖像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi