「原題は助産婦」ルージュの手紙 Momokoさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ルージュの手紙

劇場公開日 2017年12月9日
全18件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

原題は助産婦

リアルな出産シーンと、忙しい夜勤の後の脱力感まで伝わってきた。

感情の起伏が激しくなるようになるという人と、堅実に健康に生きてきた人との出会い。

死んでしまった父のことでベアトリスを許せないクレール。しかし必死で生きるベアトリスをいつのまにか支えている。いつも生を支えているから、死も支えられる。

川に浮かぶボートが沈んでいくシーン、ポールとベアトリスのダンス、トラックの運転が印象的でした。
ベアトリスの生死を象徴していました。

Momoko
さん / 2018年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi