「なんたってカトリーヌ・ドヌーヴの存在感。 弱いのに強がって、不器用...」ルージュの手紙 chibirockさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ルージュの手紙

劇場公開日 2017年12月9日
全13件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

なんたってカトリーヌ・ドヌーヴの存在感。 弱いのに強がって、不器用...

なんたってカトリーヌ・ドヌーヴの存在感。
弱いのに強がって、不器用で、優しくて、自由で、悲しい女。
ベアトリスの生涯が透けて見えるような演技。
クレールの彼氏・ポールも、好きに生きて大きい、太陽みたいな自由人。2人ともクレールとは正反対だけど不思議とクレールには、結果的にはいい出会いとなった。カタい人があっけらかんとした人間に触れて心開くストーリー、好きです。

chibirock
さん / 2018年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi