十年
ホーム > 作品情報 > 映画「十年」
メニュー

十年

劇場公開日

解説

香港の新鋭若手監督5人がメガホンをとり、2015年より10年後の香港を題材に描いたオムニバス作品。労働節の集会で騒ぎを起こすよう命じられたチンピラ2人組を描いた「エキストラ」、終末世界の香港で失われゆくものを黙々と標本にし続ける男女を描く「冬のセミ」、普通話の習得が営業に必須となったタクシー運転手の奮闘を描く「方言」、イギリス領事館前で発生した焼身自殺の真相を擬似ドキュメンタリー形式で追う「焼身自殺者」、香港で最後の地元産卵を売る青年を描いた「地元産の卵」の5話で構成される。製作費約750万円の自主制作作品としてわずか1館で公開されたものの、口コミで人気を集め上映館を香港全域に拡大、香港のアカデミー賞と言われる香港電影金像奨で最優秀作品賞を受賞した。

作品データ

原題 十年 Ten Years
製作年 2015年
製作国 香港
配給 スノーフレイク
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全4件)
  • 香港人の不安と恐怖 このオムニバスは、短編ごとの映画としての出来不出来があるものの、通底した当局への疑念が露だ。 最初の短編「エキストラ」では、市民の不安を煽ることを目的としたテロ行為がでっち上げあげられる。 誰も... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2017年8月31日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 実は現在? 10年後の設定ではあるけれど、今あってもおかしくないシーンばかりなのではないか。現実をちょこっと誇張したらこうなるのではないかと思ってしまった。 各ストーリーは地味で面白味にかけるかもしれないが... ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2017年7月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 未来が現在の延長線上にあるのなら 2015年から見た10年後すなわち2025年の香港を描いた5本の短編のオムニバス。 いわゆる「テロ対策法」、北京語の普及と強制、独立運動、紅衛兵もどき…とテーマは様々だが、単にディストピアを描い... ...続きを読む

    ぴよ ぴよさん  2017年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「十年 Ten Years International Project」シリーズ関連作品

他のユーザーは「十年」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi