最期の祈り
ホーム > 作品情報 > 映画「最期の祈り」
メニュー

最期の祈り

解説

終末期医療の現場で延命か否かの決断に直面する家族や患者、医師たちの姿に密着した短編ドキュメンタリー。アメリカ・カリフォルニア州オークランドにあるハイランド病院に入院しているドナとセレーナは、人口呼吸器なしでは生きていくことができない末期の患者だ。治療を続けても病状改善の可能性はゼロに近く、それでも延命治療を続けるかどうかを問われた患者の家族は、倫理的な決断に迫られる。監督は、「みんなのための資本論」などのドキュメンタリー作品で撮影を手がけ、自らもドキュメンタリー映画作家として活動するダン・クラウス。第89回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネート。

作品データ

原題 Extremis
製作年 2016年
製作国 アメリカ
上映時間 24分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
短編ドキュメンタリー賞  

他のユーザーは「最期の祈り」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi