「役所広司さん、やっぱりすごい」三度目の殺人 邦画好きさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「三度目の殺人」 > レビュー > 邦画好きさんのレビュー
メニュー

三度目の殺人

劇場公開日 2017年9月9日
全314件中、43件目を表示
  •  
映画レビューを書く

役所広司さん、やっぱりすごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人が人を裁くことについて、司法の場に真実があるわけではないということ、生まれながらにしての悪…、テーマは深かった。

良かった点
役所さんの芝居が兎に角良かった。役所さんと福山さんの芝居(人間力?)に差があったが、次第に役所さんに引っぱられて行く福山さんもストーリーとリンクしていてよかった。
ラストのガラス越しに、それまで対峙していた2人が重なるカットがよかった。
タイトルも結局3度目の殺人は誰が殺したのかということを考えさせられるので、いいタイトルだと思った。
空っぽの器という悲しさが響いた。

疑問
福山と吉田は国選弁護士?事務所がすごく古い建物だったのは、国選弁護士の成功報酬が少ないから?家の内装が普通だったのはそういうこと?
なぜ役所さんは広瀬すずを抱いたのか?娘と重ね合わせていたのでは?
役所さんは供述をひっくり返すことで裁判官の心象が悪くなり、死刑になるというようなことをなぜ知っていたのか。30年前の裁判があったから?もしくは福山さんは広瀬すずの独白があった時、すでにこのストーリーを思い浮かべていて、それを役所さんが読み取った?

希望
福山さんが勝ちにこだわるようになったのがなぜか知りたかった。
福山さんと娘、役所さんと広瀬すずの関係をもう少し描いて欲しかった。

勝手な戯言
制作者サイドは全く悪くないのですが、私の中で「そして父になる」の福山さんが抜けていなく、重盛役は福山さんではないほうがよかった。
親による性的虐待など、ありがちと言えばありがちな要素が作品として新しさを感じなかった。それと物語の重要な要素が超能力というのは、ちょっと都合がよくないかなと。嫌いじゃないんだけど…
あとポスターと内容がリンクしてないのが残念。ポスターを見る限り、単純な殺人事件にしか見えない。

邦画好き
さん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi