「珍味だが刺さる…」スイス・アーミー・マン ぱんちょさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

スイス・アーミー・マン

劇場公開日 2017年9月22日
全66件中、54件目を表示
  •  
映画レビューを書く

珍味だが刺さる…

珍味というほかない。
ダニエル・ラドクリフはどこまでも死んでいるがめっちゃ喋るし、ポール・ダノはノンシャランとしているがどこまでも孤独だ。
珍妙なルックとは裏腹に、孤独とはどんなものかと、そこからどうしても逃れられない人生とはどんなものか、を突きつけてくる。
おならジェットスキーに笑い、バスでの出会いに涙する…刺さるね…

あ、あと劇判がものすごく良かった。人の声を重ねて作っていて、まさに孤独を象徴していた。

ぱんちょ
さん / 2017年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi