作家、本当のJ.T.リロイ
ホーム > 作品情報 > 映画「作家、本当のJ.T.リロイ」
メニュー

作家、本当のJ.T.リロイ

劇場公開日

解説

1996年、女装の男娼となった過去をつづった自伝「サラ、神に背いた少年」を発表し、謎の天才美少年作家として文壇に登場したものの、後に実在しないことが明るみとなったJ・T・リロイにまつわる一連の顛末に迫ったドキュメンタリー。作家として時代の寵児となったJ・T ・リロイの才能にほれ込んだガス・バン・サントはコロンバイン高校銃乱射事件をテーマにした映画「エレファント」の脚本を依頼し、2作目の著書「サラ、いつわりの祈り」はアーシア・アルジェントによって映画化されるなど、J・T・リロイは文壇だけでなく映画界などをも巻き込むカルチャースターとなった。しかし、2006年のニューヨーク・タイムスによる「J・T・リロイという人物は実在せず、その正体はローラ・アルバートという40歳の女性である」という記事によって事態は一変する。一連の騒動を、アルバート自身の言葉、ガス・バン・サント、トム・ウェイツらとの通話音声や留守電メッセージなどによって解剖していく。

作品データ

原題 Author: The JT LeRoy Story
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 アップリンク
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

稀代のウソつきか天性のアーティストか?「世界を騙した女」の破天荒な一代記
作家、本当のJ.T.リロイの映画評論・批評

世紀末と言われた1999年に彗星のごとき天才作家が現れた。その名はJ.T.リロイ。まだ10代の若さでヤク中の母親に男娼をさせられていたセンセーショナルな体験を小説化し、中性的でミステリアスなルックスも手伝ってたちまちサブカル界のセレブ...作家、本当のJ.T.リロイの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 真性ジュネストにはたまらない 2017/05/02、渋谷のアップリンクで鑑賞。トートバッグ付き前売券を、インターネットで購入していたので、それを使いました。 文壇に彗星のように現れたJ.T.リロイ。 誘拐され、性的虐待を受け... ...続きを読む

    ちな姉 ちな姉さん  2017年5月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 偽りの中の真実。 彼女自身の人生に騙された著名人や当時の騒ぎ様など興味の連続に飽きない映像とテンポの良さ。 最初のアニメからD.R.IのTシャツだったりサークルジャークスでもしや?と思ったらPUNK好きなどの趣味... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年4月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「作家、本当のJ.T.リロイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi