パトリオット・デイ 特集: 2013年の悲劇「ボストンマラソン爆弾テロ」──なぜ犯人を“たった102時間”で逮捕できたのか?手に汗握るリアリティで今明かす、この信じられない《奇跡の連鎖》の実話

ホーム > 作品情報 > 映画「パトリオット・デイ」 > 特集 > 2013年の悲劇「ボストンマラソン爆弾テロ」──なぜ犯人を“たった102時間”で逮捕できたのか?手に汗握るリアリティで今明かす、この信じられない《奇跡の連鎖》の実話
メニュー

パトリオット・デイ

劇場公開日 2017年6月9日
2017年5月29日更新

2013年の悲劇「ボストンマラソン爆弾テロ」──
なぜ犯人を“たった102時間”で逮捕できたのか?
手に汗握るリアリティで今明かす、この信じられない《奇跡の連鎖》の実話

米ボストンを襲った爆破テロはどのように解決したのか? 奇跡の実状が克明に描かれる 米ボストンを襲った爆破テロはどのように解決したのか? 奇跡の実状が克明に描かれる

2013年4月15日、アメリカ独立戦争開戦記念日=パトリオット・デイに開催されたボストンマラソンを襲った爆破テロ事件がついに映画化。マーク・ウォールバーグケビン・ベーコンジョン・グッドマンJ・K・シモンズミシェル・モナハンら実力派キャスト集結で描かれる「パトリオット・デイ」(6月9日公開)が、圧倒的なスリルとリアリティで、その裏側にあった「奇跡の連鎖」を描く!


「犬猿の組織が協力」「“ひとつ”になった街」、そして「人質の勇気」 
すべて実話──《小さな奇跡》の連鎖が《最大の奇跡》を生んだ

爆破テロが起こるまでと起こった後、犯人逮捕を経て導かれる「希望」までを再現! 爆破テロが起こるまでと起こった後、犯人逮捕を経て導かれる「希望」までを再現!

9・11アメリカ同時多発テロ以降、厳しい警備態勢が敷かれていたにも関わらず、13年4月15日、50万人の観衆でにぎわうボストンマラソンを襲った爆弾テロ事件が、ついに映画化された。「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグの監督&主演コンビが三度タッグを組み、わずか102時間で容疑者を拘束したという「最大の奇跡」の裏にあった「小さな奇跡」の連鎖と、人々の心にもたらした「希望」までを描き切るのだ。

事件に遭遇し、犯人逮捕に尽力した実在の地元警察官をマーク・ウォールバーグが熱演 事件に遭遇し、犯人逮捕に尽力した実在の地元警察官をマーク・ウォールバーグが熱演
捜査本部の指揮をとったFBI捜査官役を演じるのは、ケビン・ベーコン(中央) 捜査本部の指揮をとったFBI捜査官役を演じるのは、ケビン・ベーコン(中央)

数々の映画でも描かれているが、一般的にFBIと地元警察の関係は決して良好とはいえない。大事件が起こればFBIが現場に乗り込み、地元警察から取り上げる形で事件捜査に移行するからだ。しかし、この事件では違った。テロを憎む真摯な思いが通じ合い、FBIの圧倒的な指揮能力と犯罪データベース、地元警察の土地勘と地道な捜査能力という互いの強みを持ち寄った完璧な態勢が実現したのだ。

恋人、夫婦、親子、友人──最大の危機を前に、改めて試されることになる“きずな” 恋人、夫婦、親子、友人──最大の危機を前に、改めて試されることになる“きずな”

事件発生から102時間で1000名を超える政府・州・地元の捜査官が投入されたが、生存者や家族、病院スタッフなど、市民ひとりひとりがなすべきことを果たしたヒーローだった。ボストンはアメリカで最も古い歴史を持つ街のひとつだが、地元愛の強さは全米屈指。外出禁止令にも市民は素直に応じたが、これは近年のアメリカにおいては異例の出来事。同じ思いで、街がひとつになったと言える。

「セッション」のJ・K・シモンズも、壮絶な銃撃戦に挑む巡査部長役で存在感を発揮 「セッション」のJ・K・シモンズも、壮絶な銃撃戦に挑む巡査部長役で存在感を発揮

ボストンから逃走を図っていた爆破犯の逮捕のきっかけとなったのも、実はひとりの市民の力だった。車を奪われ人質となっていた青年が、一瞬の隙を突いて逃げ出して通報したのだ。その模様を捉えた監視カメラ映像も残されているが、銃を持ったテロリストを前にいつ撃たれてもおかしくないという状況下で、勇気を振り絞って走り出したこともまた「奇跡」のひとつだ。

映画・ドラマの現場を超えた──“ここまでやっていたのか”
“絶対に公開されない”大事件捜査の《裏側》が今明かされる

綿密なリサーチを基に完全再現される、大規模なテロ事件捜査のプロセスが熱い! 綿密なリサーチを基に完全再現される、大規模なテロ事件捜査のプロセスが熱い!

克明に描かれる「奇跡」の数々に見る者の感情が揺さぶられるのは確実だが、本作が優れているのは、FBIと地元警察が知力と体力を駆使し、1歩また1歩とテロリストに迫っていく捜査の過程がスリルと興奮たっぷりに描かれることだ。壮絶なリアリティで観客を「現場」に放り込むことで評価を集めてきたピーター・バーグ監督作だけに、その臨場感、没入度はハイレベル。「こんなことまでやっていたのか!」とうならざるを得ないボストンマラソン爆弾テロ事件捜査の裏側が、ついに明らかになる。

現場から大量の証拠品を収集し、準備された倉庫内に現場通りの形に改めて並べる! 現場から大量の証拠品を収集し、準備された倉庫内に現場通りの形に改めて並べる!

最も驚くのは、この捜査方法だろう。あらゆる角度から検証を行うため、FBIは巨大な倉庫を用意。現場から膨大な証拠品を持ち込み、2度の爆破事件が発生した「通り」を完全再現してしまうのだ。日本では考えられない程のスケール感に、誰もが圧倒されてしまうはずだ。

普段ならありえない「FBIと地元警察の協力」がハイレベルに機能する興奮シーン 普段ならありえない「FBIと地元警察の協力」がハイレベルに機能する興奮シーン

分析対象とした「監視カメラ映像」の範囲が、ボストンの市街に広範囲に設置された「すべてのカメラ」だったことにも驚かされる。そして、犯人を見つけ出す突破口が、地元警官の土地勘だったというのがシビれる。「この角度で映っているなら、次はあの建物のカメラに映るはず」と言い当てていく!

文字通り寝る間も惜しみ、疲れ果てながらも、現場の聞き込みをあきらめない警官たち 文字通り寝る間も惜しみ、疲れ果てながらも、現場の聞き込みをあきらめない警官たち

テロ事件を前に、使命感に燃えた市民から捜査陣に寄せられた情報は、一瞬にしてFBIのサーバーがパンクする程の数万件にのぼる。その内容をつぶさに精査していく作業に、多くの捜査員たちが挑む姿も見てとれる。地元警官は病院を回って負傷者ひとりひとりに聞き込み捜査。その地道な姿にもアツくなる。

ごく普通の住宅地に潜伏する爆弾犯に接近する警官隊──壮絶な銃撃戦が勃発! ごく普通の住宅地に潜伏する爆弾犯に接近する警官隊──壮絶な銃撃戦が勃発!

寄せられた情報から徐々に犯人に迫っていく捜査陣たち。パトカーやヘリコプターを総動員しての陸、海、空からのパトロールは、犯人が逃走中であることを伝える有力情報によって、一気に追跡モードへとシフト・チェンジする。大包囲網は、犯人を追い詰めることができるのか。手に汗握る。

事件に対する経験の差など関係ない、「凶悪事件を解決したい」という思いはみな同じ! 事件に対する経験の差など関係ない、「凶悪事件を解決したい」という思いはみな同じ!

捜査に投入されたのは、凶悪事件捜査に長けた警察官たちだけではなかった。追跡を逃れた犯人たちが紛れ込んだのは、平穏な住宅街。「銃は訓練でしか撃ったことがない」という者や、定年間近な老巡査部長らローカル署員が、爆薬と拳銃、自動小銃で武装したテロリストと壮絶な銃撃戦を繰り広げるのだ。


マーク・ウォールバーグ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマンほか──
“奇跡の再現”に相応しい、映画ファンが認める名優がそろった

(左から)シモンズ、ベーコン、ウォールバーグ、グッドマン、モナハンの面々 (左から)シモンズ、ベーコン、ウォールバーグ、グッドマン、モナハンの面々

ドキドキハラハラのスリルと、エモーショナルな物語は、この名優たちがそろわなければ実現しなかったと言っても過言ではない。数々の名作・傑作で映画ファンを魅了してきた面々は、まさに安心して作品を鑑賞できる、納得の顔ぶれなのだ。

「トランスフォーマー」から「テッド」まで人気を博すのも、高い演技力のたまもの 「トランスフォーマー」から「テッド」まで人気を博すのも、高い演技力のたまもの

「トランスフォーマー」シリーズほかアクション超大作の印象で、肉体派イメージが強いウォールバーグだが、マーティン・スコセッシ監督の「ディパーテッド」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるほどの実力者。本作の地元警官役でも渾身の演技力を発揮する。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」などの悪役でも存在感を発揮する実力派 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」などの悪役でも存在感を発揮する実力派

事件捜査の指揮をとるFBI捜査官をリアリティたっぷりに演じたのがベーコン。ドラマ「ザ・フォロイング」でのFBI捜査官がハマり役だっただけに、その説得力が圧巻だ。「激流」でゴールデングローブ賞ノミネート、「ブラック・スキャンダル」ほか近年の作品も、彼の出演で作品が締まった印象だ。

長いキャリアを誇りながらも、現在も人気作、話題作への出演を重ねている人気者 長いキャリアを誇りながらも、現在も人気作、話題作への出演を重ねている人気者

アルゴ」「10 クローバーフィールド・レーン」「キングコング:髑髏島の巨神」など、近年ますますその存在感を強く印象付けているのが、このグッドマン。コーエン兄弟作「バートン・フィンク」でゴールデングローブ賞ノミネートも経験した名バイ・プレイヤーが、警視総監役を熱演。

「ラ・ラ・ランド」でも印象を残した、いま最も注目を集める俳優のひとり 「ラ・ラ・ランド」でも印象を残した、いま最も注目を集める俳優のひとり

セッション」の教師フレッチャー役で映画ファンの心をわしづかみにし、アカデミー賞助演男優賞まで手にしたシモンズも、本作に出演。出演時間は少ないながらも、序盤からローカル署の印象的な巡査部長として登場し、終盤ではテロリストとの命を懸けた壮絶な銃撃戦に身を投じている。

ケイシー・アフレック、ロバート・ダウニー・Jr. とも共演済みのキャリアを誇る ケイシー・アフレック、ロバート・ダウニー・Jr. とも共演済みのキャリアを誇る

ギレンホールが「ミッション:8ミニッツ」で絶賛し、クルーズが「ミッション:インポッシブル」シリーズで主人公の妻役として起用している実力派女優が、ウォールバーグ演じる警官の妻を好演。身を削る捜査で疲弊する夫を癒し、常に献身的に支えていく姿が、観客の心に残るのは確実だろう。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

実録映画をアップデートする試み。テロとの戦いの難しさも伝える
映画評論

マサチューセッツ州の4月の祝日「愛国者の日(Patriots Day)」に毎年開催されるボストンマラソン。2013年の大会で起きた爆弾テロ事件を題材に、捜査当局者、実行犯の兄弟、被害者など事件に関わった人々の動きを追うのが「パトリオッ...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す