メアリと魔女の花のレビュー・感想・評価 (5)

メアリと魔女の花

劇場公開日 2017年7月8日
330件中、81~100件目を表示 映画レビューを書く

個性がない。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

米林監督がまだジブリの魔法にかかったままなのか、その呪縛を
解こうとしているのか、何ともどっちつかずな感じの作品だった。
児童文学とのことで年齢層が低めとは思ったが、もう少し個性味
溢れる展開になるのかと楽しみにしていたのでちょっと肩透かし。
どこをとっても普通で、既視感(ジブリ感)アリアリの展開だった。
また声優陣に俳優を起用したのがちょっと狙いすぎで、ヒロイン
からして杉咲花そのまま、遠藤憲一は映画の予告ナレーションか
と思うほど彼の声すぎていることが却って邪魔になってしまった。
安定感のある神木くんや満島ひかりに比べると溶け込んでいない。
監督独自の世界観で物語を牽引していくには時間がかかるかもし
れないが、このメアリ同様自身の力で切り開いていく今後に期待。

ハチコ
ハチコさん / 2017年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

子供に見せたいアニメ映画

ジブリが新作を作らなくなった今、アニメにしても実写にしても子供に見せたい映画というのがない気がしていました。単に楽しいだけでなく、少しドキッとするような投げかけのある、だけど安心してみれる、最高のアニメ映画だと思います。小さな子達がポップコーンを食べるのも忘れて必死に見ている姿をみて、とても感動しました。
映画自体も、監督の「これが描きたい」という思いが感じられて、私はとても好きな映画でした。大人の戦いや愛の映画はあふれていますが、子供が成長していく映画は、実は少ない気がします。こういう作品を待っていたんだなと、見終わって気づきました。これからも監督には期待しています。

がも
がもさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アニメ特番の雰囲気でたのしめた。

序盤では、魔法の花とか、魔女のほうきとか、馴染みのあるファンタジーで、不意に中盤から感傷的になった。個人的には猫に親しみが湧いた。

ブラン
ブランさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった

絵がきれい作品もいいです。

ドラちゃん
ドラちゃんさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アリエッティもマーニーも観てますし、予告編を拝見してからメアリも観...

アリエッティもマーニーも観てますし、予告編を拝見してからメアリも観なきゃと思いました
今回も良かったです。
ラストに流れるセカオワの歌がまたいい。
泣けます。
頑張ろうという気持ちになります。

Kinuyo
Kinuyoさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通

なんかストレートすぎて普通。
メアリ以外のキャラがイマイチで、裏がないし、ストーリーに謎が無さすぎる。
でもポノックの第1段としては良い。
次の作品も見ようと思える。

ライトオ
ライトオさん / 2017年8月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんかありがとう

米林監督がジブリ脱退、スタジオポノック立ち上げ後第1作ということで。
いいおっさんが万感の思いを込めて発表する卒業作文みたいな内容の映画だった。
でも、宮崎駿と全盛期のスタジオジブリを失った僕たち日本人には必要な映画だっだと思う。

宮崎駿の復活宣言が無ければ完璧な映画だった。

bando-8
bando-8さん / 2017年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

魔法ものにしては魔法描写が薄く(基本的に箒で空を飛ぶ程度、変身魔法がかなりやばい魔法扱い)、
怪しい魔法大学ではいかにもなマダム校長とマッドサイエンティストが出てくるのみ(学友?授業?そんなのないよ)、
メアリと同級生のピーターとで恋愛に絡めていくのかと思えば頬を染める描写すらなく(猫の方がイチャラブしてる)、
いろんな要素を詰め込んだ結果全てが中途半端な映画になった印象です。

宇喜多
宇喜多さん / 2017年8月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリのオムニバス的な

あれ?これ何かデジャビュ…
ジブリのアニメをめちゃくちゃにまとめて構成したって感じでした。千と千尋、魔女宅、もののけ姫、猫の恩返し、ラピュタ、ゲド戦記、ポニョ、あとハリーポッターなどを混ぜて作った的な。冒頭5分は素晴らしいものだけだったために、内容は残念でした。

くまねこ
くまねこさん / 2017年7月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とても良かった!

私はおばあちゃん子で、親が共働きで小さい頃からおばあちゃんに育てられたので、とても感情移入した。

1番良かったと思った点はメアリが助けた動物達に助けてもらって、動物達に乗るシーンです。 私的におばあちゃんが若い頃の姿で一緒にメアリと魔法を使ったら面白そうだと思いました。
悪かった点は、オチが予測出来てしまう。おばあちゃんが魔女なのは、落ちていた魔女の花を見て驚いた時点で分かったから驚きが薄くなった。また、魔法が全体的に少し現実より?どちらかといえば科学的で、実験とか、機械が多くて。今はハリーポッターとか、魔法映画や魔法のアニメが普通にあるから、魔法を見てすごい!と思えなければ、ホウキで空を飛ぶとかは普通なので、メアリが手に入れた魔法の本を使う回数もう少し増やして、魔法を魅せるシーン入れたらもっと良かった!

最後に、ポノックさん、私はジブリがとても好きでした。今でも、もう見れなくなってしまったことが残念です。けれども、その期待がポノックさんにいくと思うし、ジブリを受け継ぐ会社が出てくれて嬉しいので、ポノックさん、頑張ってください!!

Pollu
Polluさん / 2017年7月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

(ジブリではないですが)ジブリらしいファンタジー

比較的リアルな世界観の作品もありますが、ラピュタ、もののけ姫、千と千尋を彷彿とさせる作品でした。こういう作品を描かせると一級ですね。

ただ、凝った世界観にしてはストーリーは単純で、設定を生かしてもう少し膨らませては?と思いました。細やかな人間らしい動き、魅力的な食べ物、情緒豊かな背景など、長年ジブリ作品に親しんできた方々を満足させるには至らず。

子供には良い作品だと思います。

bu
buさん / 2017年7月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリじゃないけど、ジブリ作品と見えてしまう

作画のせいと思いますが、百人が百人共ジブリ作品と思うのではないでしょうか。
監督がジブリ出身なので、この作画に思い入れがあるのでしょうか?
ジブリから卒業したのであれば、ジブリと思われない作画にすべきです。
でも作品の内容は、シンプルで良かったと思います。
日本人の原作なら、仲間の魔女が助けに現れると思うので、主人公の活躍が減りますからね。
次回作も楽しみにしています。

はるっち
はるっちさん / 2017年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良いと思うよ

良いとは思う。
けど、過去のジブリ作品のいろんな部分をもらってるから、素直に作品を楽しむというより「この設定はあの作品に似てる」とか捻くれた見方をしてる自分がいた。その結果、オリジナリティを感じなかった。
まずは素直に観れなかった自分に反省。そして、あまりにジブリ作品の表面的な部分の寄せ集めに終始してしまったことに、作り手はもっとオリジナリティを求めて欲しいと願う。

naokishimada
naokishimadaさん / 2017年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

安定した面白さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

思い出のマーニーや借りぐらしのアリエッティなどの監督なのでこの二作を見たことがある人は既視感を感じると思う。
また他のいろいろなジブリ作品で見たことのあるシーンも多くジブリ好きにはたまらないであろう。
しかし、ハリーポッターやリトルウィッチアカデミアのような魔法学校での生活の様子などは期待しない方が良いだろう。

デビッドゲッタ
デビッドゲッタさん / 2017年7月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き

とても良かった。
エンドロールにジブリスタッフが「感謝」
の欄に入っている通りたくさんのジブリ要素が
盛り込まれていた。だから懐かしく感じつつ、この映画の雰囲気にリニューアルされ新鮮にも
感じた。そして絵が綺麗。
なんでこんなに評価が低いのかわからない。
個人的には凄く好きです。

りこ
りこさん / 2017年7月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

皆がいうほど悪くなし

ジブリのミックスじゅーすとは、良く言ったもので、いろんなネタが満載かな?とか思いますが、庵野さんみたいに自分のやりたいことをする方ではなく、今まで、やってたジブリの継承してる感じがします。
だから、観てたら、ジブリの懐かしい作品のが出て来てて、楽しい作品でしたよ。
もし良かったら、観て観てください。

oz
ozさん / 2017年7月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観る前から雑音の多い作品

作り手も観る側もとにかくいろんなものを背負わされている作品。
作り手側はジブリの後継としてヒットさせなければいけない責任、観る側は宮崎駿っぽいものへの期待があったのではないでしょうか。
ワタクシは欠点が見えると制作側から何か言われたのではないかと考えてしまい、いらんことばかりを考えてしまいました。
脚本で説明セリフが多く、見ればわかることをわざわざいうので、鬱陶しく感じる。感情を全部セリフにしなくてもいいだろう。
アニメの動きも魅力的ではないし、背景も雑に感じた。あまり予算が出なかったのだろうか?

ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまで
ワイナオ@フロワク@映画おじさんの風呂が沸くまでさん / 2017年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

私が

私がやってやると強く思えた作品でした。
ネームバリューにゃ負けないぞ

DVS
DVSさん / 2017年7月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーが薄い

とにかくストーリーもキャクターのインパクトも薄い。
アリエッティ~マーニーとイマイチだったので「今回こそは」という期待を込めて観に行きましたが、やっぱり米林監督ってこの位の監督なんだ、と再確認する結果になりました。
比較的時間が長い作品でしたが、半分くらいでオチが観えてしまい、「早く終わらないかな~」と(実際に途中で退席して戻ってこない人が居ました)。
何の期待も無く素直に観に行けば普通の作品として鑑賞できると思います。

Minoru
Minoruさん / 2017年7月28日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ジブリに捧げられた作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ひとことで言うと、「ジブリへ捧げられた作品」。
新しさを感じるトコロがなく、過去のジブリの作品のエッセンスを、モザイクのようにツギハギしてるな~、という印象。
ゆえに、何というか、個性が平均化されてしまっているような。

でもまぁ、多少ご都合主義的な、唐突な場面展開もあるけれど、分かりやすい面白さはある。
それに「役割意識の功罪」に関しては、今の時代、考えさせられた。

おっちょこちょいで、ヒトの役に立ちたいと思っても、上手くいかないメアリー。
「何か私にお手伝い出来るコトはありませんか?」というセリフが、かわいそうに聞こえる。
なぜなら、役割がない≒居場所がない、だから。

だから「自分がピーターを助ける」という「役割意識」を得たとき、メアリはとても強い女の子になれる。
また、助けられるピーターも、どうやら家庭の事情があるらしい。
(父親がいなくてメッセンジャーとして働いてるのかな?)
「自分が母親を助ける」という「役割意識」を持っている。
だから困難なときも、とても強い男の子であれる。

この2人の場合は、「役割意識」が良い結果を生んだ例。
逆に、悪い結果を生んだ例が、マダムとドクターの場合。

2人とも、その根本は一貫して善人だ。
魔法つかいを育てるために尽力している。
簡単に魔力を得られる夜間飛行の花を手にしてからも、自分たち自身には使っていない。

子ども達を「あらゆる魔法が使える存在」にするため、子ども達のために、使っている。
(人々がみな魔法使いになったら、世界はどう変わるのか、
2人が語る場面がないので、動機の強さが表現できていないが)

多少の犠牲はやむを得ない、例えそれが他者の「生」であっても。
我々こそが理想を実現しなくては、それこそが我々の役割だから。

強烈な「役割意識」が、他者を単なる手段としか見えなくしている。
犠牲者の人生に思いが及ばない、テロによる事件を想起させられる。

役割はヒトに居場所を与える、しかし、強すぎる役割意識はヒトを傲慢にする。
そんなコトを考えさせられた映画。

ぐるめ部長
ぐるめ部長さん / 2017年7月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

330件中、81~100件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi