「米林監督の"省略の美学"がここにも。」メアリと魔女の花 MPさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

メアリと魔女の花

劇場公開日 2017年7月8日
全323件中、315件目を表示
  •  
映画レビューを書く

米林監督の"省略の美学"がここにも。

「思い出のマーニー」で過去と現在を地続きで描いて、そこはかとない憂いを漂わせた米林宏昌監督が、この地上と雲上の魔界を結んで展開する最新ファンタジーは、やはり抜群の空間演出で魅せる。間には「魔女の宅急便」(ほうき)や「千と千尋の神隠し」(湯婆婆に匹敵するキャラ登場)や「ハリー・ポッター」(魔法学校が舞台)等々、馴染みのアイテムを挟み込みつつ。何より米林作品の肝は、背景に耳障りな音楽や効果音を極力排した独特の静寂の中で、少女の成長物語を紡ごうとしている点。端正な映像も含めて、それは観客の視覚と聴覚を情報で埋め尽くそうとする昨今のアニメ映画事情とは異なる、省略の美学。このスタンスを是非死守し続けていって欲しいものだ。

MP
さん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)
にひ
にひさんのコメント
投稿日:2017年8月12日

音楽だけはよかった
他は全てどこかで見たような二番煎じ感がすごい。がっかりしてしまった。
スタジオポノック第1回長編作品と唄ってるのにまるでやる気を感じなかった。

魔女や魔法というモチーフは本当にこの作品に必要だったのだろうか?まるで新鮮味を感じることができなかった。これらの「手垢にまみれた」モチーフを使うならもっともっと工夫が必要だと思った。原作である外国の児童文学の設定をただ持ってきました感がすごくて手抜きかよ!と感じた。

既視感にあふれたひたすら残念な映画でした。ジブリの名作でお口直しをしたいです。

ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

MPさんのコメント
投稿日:2017年7月10日
MP
かえるぴょんた
かえるぴょんたさんのコメント
投稿日:2017年7月10日

米田監督じゃなくて、米林監督です

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi