メットガラ ドレスをまとった美術館のレビュー・感想・評価

メットガラ ドレスをまとった美術館

劇場公開日 2017年4月15日
17件を表示 映画レビューを書く

今すぐ展示を観に行きたくなるほどの美的興奮が詰まっている

メトロポリタン美術館(MET)では5月の第1月曜日に大規模なレセプションが開催され、世界的ブランドを身にまとったセレブ達がレッドカーペットに大集結。そこで得た収益が美術館の運営費にも充てられるのだという。この一大ファッション・イベントの仕掛け人となるのがVOGUE誌の編集長アナ・ウィンター。彼女とキュレーターやその他のスタッフが連携しながらレセプションの準備と、肝入り企画「鏡の中の中国」展の構想から入念なセッティングに向かうまでの日々を描く。

ファッションを芸術の枠組みの中で見せること。政治や文化に配慮もしつつ交渉を重ねる努力と苦悩。それらを全てクリアしながら進む責任者の人柄、彼らが日頃身につける服装などにも魅了されてやまない。また展示に協力するウォン・カーウァイやバズ・ラーマンなどの映画人や有名ファッション界の巨人らの発言も非常に興味深い。日頃ファッションに関心のない人でも知的、美的好奇心を十分満足させられるはずだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ファッション・ドキュメント否セレブ・ドキュメント

ジョージ・クルーニーがアマル夫人を伴いカメラのシャッターを浴びている頃、ジャスティン・ビーバーが取り巻きを引き連れて館内を散歩している。正面玄関には当夜の主役であるリアーナが中国人デザイナー、グオ・ペイの黄色いロングガウンを引き摺って現れる。メトロポリタン美術館が運営に必要不可欠な寄付金を募るために企画した"鏡の中の中国"展のオープニングナイト、メットガラは、こうして、呼びたい美術館サイドと、呼ばれたいセレブサイドの利害が合致し、寄付金の目標額を見事クリア。影の仕掛け人、アナ・ウィンターの目論見はまんまと成功する。ガラ当日までの舞台裏に密着したドキュメントは、果たして服はアートか?という問題提起より、むしろ、メットガラという最高のステイタスを提示されると嫌と言えないセレブリティの性(さが)が、あからさまではないが画面の端々に感じ取れて興味深い。ファッション・ドキュメントと言うよりセレブ・ドキュメントと銘打つべき1作だ。

MP
MPさん / 2017年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「アナ・ウィンター」

僕には全く縁のないドキュメンタリー映画だけど…

still_ontheroad
still_ontheroadさん / 2017年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見ておくべき

見ておくべき

アッキー
アッキーさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

情熱

キュレーターのアンドリューボルトンの仕事ぶりが好き。
衣装よりも、みんなの意見を静かに聞いて、淡々と処理するアンドリューに釘付けでした。

ふわり
ふわりさん / 2017年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドキュメンタリーとしては凡だけど

ファッションも美術館も縁がない人間なので、こうガッツリ紹介されると興味深い。ある種のバックステージもので、様々な人と調整のため方々に飛ぶアンドリュー・ボルトンと、自らのビションを押し通すアナ・ウィンターの差が面白い。

花火
花火さん / 2017年6月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非常に興味深いまた面白い内容だった。

非常に興味深いまた面白い内容だった。

howstupid
howstupidさん / 2017年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファッションと美術の融合

ドキュメンタリー作品。
リアルな舞台裏が見れました。
ファッションをアートに感じました。

ajun
ajunさん / 2017年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芸術文化としてのファッションという掘り下げについては不足 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今年も、つい先日にメット・ガラが開催された。ユニークなファッションでレッドカーペットに登場するセレブリティたちを見るのは毎年楽しい。オスカーでは保守的なドレスを選んでも、ここでは前衛的なファッションをして目立った者の勝ち。そしてこのドキュメンタリーは、そんな2015年のメットガラを開催するまでの挑戦とプロフェッショナルたちのプライドが描かれた映画作品だった。

ファッションが芸術や文化の価値観において見下げられていることに対抗するようにして絢爛かつアーティスティックなガラを開催するその様子は確かに見ごたえがあるような気もするが、全体の見え方としてはメイキング・ドキュメンタリー程度の内容しか捉えていないような気がしてしまい、キュレーターのアンドリュー・ボルトンや、VOGUE編集長アナ・ウィンター(さすがかっこいい!)の姿を通しても、「芸術としてのファッション」という概念の掘り下げには至らなかったような印象。それ以上に感じるのは、地位や名声を手に入れた者たちのエゴイズムだったり、人間の醜悪なまでのプライドだったり・・・。

2015年は中国文化と歴史をテーマにして開催したガラだったわけだけれども、「東洋の文化を西洋人が食い物にして利用しているのでは?」という批判が出たときのボルトンとウィンターの反応はまさしくそれで、中国系と思われる記者からのインタビューの後で――さすがにストレスもあったのだろうか――記者のことを口汚くこき下ろす様子を見たら、ちょっと気分も変わってしまった。仮に「日本文化がテーマ」と言われて、「サムライ」「ゲイシャ」「カミカゼ」ばっかりの「ヘンテコジャパン」でしかなかったりしたら、やっぱり私も同じように「食い物にされている」と感じないとも言い切れないと思う。ファッションが芸術・文化であることを魅せようとする一方で、他国の文化や歴史に対しての敬意を払う姿がこのドキュメンタリーからはなかなか見えないのはいかがなものかと。これでは、自分たちの力を誇示したい人たちに見えなくもない。映画の最後に出る文言が、「この年の寄付額がかつての記録を超えて最高額になった」って、この映画の趣旨ってそこだった?ってなるし、確かにメット・ガラは資金集めの行事であることに違いはないけれど、映画の最後の最後に伝えたいことが、寄付額が最高になったことだったのかと思うと、この映画を作った人の価値観が一体どこに向いているのかと不信に思う。映画を観ている間中ずっと、この映画の視点がファッションを本当に愛している人の視点ではないような気がしていたのを確信に変えて決定づけるような一文だった。

いや実際のところ、やはりガラに展示されたオートクチュールの美しさと技術力はやはり身を見張るものがあって、まさに圧巻。ファッション大好き人間の私には目の保養目の保養。なんなら90分間ずっと作品だけを見つめていたいと思ったけれど、それでは映画の趣旨が変わってしまいますね。

極めてどうでもいいことかもしれないが、やはり改めてドレスの着こなしを見ると、「女優」と「歌手」の歴然とした違いが表れる。「女優」たちのドレスの着こなしと、「歌手/アーティスト」たちのドレスの着こなしでは、絶対的な品格が違う。それは別に当人自体の品格や人間性云々とは多分まったく別次元の話で、つまりそういうことが「女優である」ということなんだろうなぁ、と思いながら、メットガラ当日のレッドカーペットの様子を見ながら考えていた。オスカー授賞式のレッドカーペットの光景と、グラミー賞のレッドカーペットの光景は、まったく別世界に見えるもの。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年5月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

究極のチャリティーイベント ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

メットと言えば大規模な展示会で有名だが、今回の映画は2015年に開催された「鏡の中の中国」にフォーカスし、ハリウッドセレブ達が集うメットガラ当日までを追う。

ドキュメンタリー映画の中でも全体の構成、カメラワーク、音楽の使い方、インタビューの入れ方など、最後まで緊張感や高揚感を持たせ、観るものを飽きさせない。

中国側の政治的なクレームに悩むキュレーターの姿、またメットの理事であるアナウィンターの経営手腕のスゴさも上手く描いている。

セレブ達の身にまとう衣装も、展示会の超ド派手な演出も、全てが豪華絢爛なGALAなのである。

ちなみに本日(現地時間)に川久保玲からインスパイアされたメットガラが開催されるという、まさにタイムリーな映画。

TOKIES
TOKIESさん / 2017年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファッション好きにはたまらない

もう最高だった DVDほしいくらい
まだ将来わかんないけど服飾系がいいってやっぱり思った アナウィンターすごい みんなすごい ものづくりって原点で とても素晴らしいことだ思う ドレスだってアートだと思う

1112
1112さん / 2017年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高のドキュメンタリー

何かをやり遂げようとする人間の強さと美しさを感じました。

noon
noonさん / 2017年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物作りをする人には是非観て欲しい一本。

間違いなく世界最大のエンターテイメント‼︎
ドキュメントだけに、そのゴージャスさに気が遠くなり、何度も拍手を送りたくなるシーンの連続‼︎
改めてマックイーンの偉大さを痛感しウルっと来ました。
また、物作りのシビアな面とは裏腹にハリウッドの裏話的な人間関係が伺え笑えました。ジャスティン・ビーバーは本当にヤンチャと言うかお行儀が悪そうw
アナ・ウィンターのプロデュースぶりとそれに伴う経済効果を見ても、現代を代表するアーティストと言っても過言ではない。
しかし服は人が着た時点で初めてファッションとして成り立ち、アートとしては成立し難く… ただ間違いなくその一着一着は芸術品だと感じました。
今年のメットは日本を代表するコム デ ギャルソン。
川久保 玲 vs アナ・ウィンターのドキュメントもメッチャ観て観たい🖤

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2017年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

素敵な作品です。

観ているうちにどんどん引き込まれました⤴

昨日観ようとしたら完売だったので、昨日、今日の席購入しておきました。

かん
かんさん / 2017年4月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

ファッションに限らず、物作りの好きな人、キレイな物の好きな人にはとても楽しめる映画です。あくまでドキュメンタリーなので内容に興味がない人には退屈な映画でもあると思います。オートクチュールの繊細さは限りなくアートに近く、時代を写し出す作品だと改めて感じました。

Masami
Masamiさん / 2017年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつの間にか逆転した世界

ひと昔前は、
アニメやゲーム好きをオタクと呼んだ。

しかし今や、
ファッションやアート好きをオタクと
呼んでよいかもしれない。

街は、ファストファッションに溢れ、
物より事にお金を使う。

それは、悪い事じゃない。
時代の流れなのかもしれない。

でも、このドキュメントのように、
ファッションやアートの力を信じて、
ど真ん中で勝負する人達がいる。

産毛の先ほどの末端で、
この人達と同じ仕事をしている自分としては、とても興奮するものだった。

力を貰った。

ふるやるふ
ふるやるふさん / 2017年4月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

面白かった

見るものが見られる。見られるものが見る。見るものが見る。見られるものが見られる。そんな作品。

そうたん
そうたんさん / 2017年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

17件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi