ノクターナル・アニマルズ : 映画評論・批評

ノクターナル・アニマルズ

劇場公開日 2017年11月3日
2017年10月24日更新 2017年11月3日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

鎧としてのドレスを脱ぎ去る時 監督フォードのしたたかな強さを思い知る

「セットではスーツを着て撮影にあたった。スーツが僕の制服だから。ニットを身につけると自分が弱々しく、脆くなった気がする」

二本目の監督作「ノクターナル・アニマルズ」を放ったトム・フォードのそんな発言を、ガーディアン紙のインタビューでみつけて大いに興味をかきたてられた。同じ記事で「スーツは僕の鎧」とも語っているフォードは、その監督デビュー作「シングルマン」の主人公をまさに鎧のように身を守る優雅なスーツ姿で登場させていた。新たな快作でも彼は、一部の隙もないドレスとメイクでヒロイン、スーザンの初登場場面を印象づける。

LAの現代アート界でしのぎをけずるギャラリー・オーナー、スーザンの居場所は、モード界の先端をゆくデザイナー、フォードのそれとも無縁ではないだろう。そこで闘いぬくために内面の葛藤を封印する鎧/服装術を必要とするような存在。その戦闘モードがふっとほころびを見せる時を2本の映画で監督フォードが素材にしているのはやはり見逃せない。完璧で強い戦士としての自分に絶大な自信をもち、そのイメージを迷いなく世界に発信するクリエイターが、内にある弱さや脆さや傷つき易さと対峙するために映画というもうひとつの創造の場を耕しているようにも思えるからだ。

画像1

20年前に別れた夫が送ってきた小説を読むスーザンが、小説内で展開される陰惨な事件の向こうに裏切った自分への前夫の復讐の思いを重ね、若き日を回想しつつ壊れた関係の再生に淡い期待を抱く――。そんなプロットを現実と小説、現在と過去とを交錯させる多重構造の中で緻密に制御する監督フォードは、読書するヒロインをメイクなしの素顔とセーター姿で差し出してみせる。鎧を脱いだ、脆く弱々しい状態のひとり。現実の自分には許容し難いそんな状態もここでなら解き放てるというように、封印してきた罪悪感や後悔や取り戻し難い夢と向き合うスーザンをフォードの映画は残酷に、真摯に、みごとに率直にみつめ切る。ヒロインの内なる自分との対話の時は精密な色彩設計を味方につけ、やがて繊細な心理メロドラマとしてスリリングに紡ぎ直される。そうしてそこに現出される映画の完璧なルック。監督フォードのしたたかな強さを思い知る。

川口敦子

関連コンテンツ

特集

「メッセージ」A・アダムス×「ナイトクローラー」J・ギレンホール“映画ファンを裏切らない”2人の演技が《無数の解釈》を増殖中 困惑!? ぼう然!? 「今秋大注目ミステリーの見方」を大解剖
特集

「メッセージ」のエイミー・アダムスと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが共演を果たした、トム・フォード監督第2作「ノクターナル・アニマルズ」が、11月3日に全国公開される。ベネチア国際映画祭、アカデミー賞、ゴールデングローブ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全52件)
  • 何度でも見たい 前作「シングルマン」から待望の新作にして2作目。いい意味で裏切られた。トムフォードがこんなワイルドな表現もするんだと驚いたし、現在・過去・創造の世界をうまく心理状態を重ねて効果的に描いている脚本... ...続きを読む

    ガンビー ガンビーさん  2017年11月20日 11:14  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 復讐?メインテーマは違うでしょ トムフォードはデビッドリンチ、メルギブソンにならぶ近年の名監督になると確信した作品。 テーマは復讐なんかじゃなく、人生における選択。選択を誤らないために成長してるか?ということを思いつまされた。... ...続きを読む

    90's 90'sさん  2017年11月18日 23:10  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 何が夜の獣だったのか ネタバレ! ...続きを読む

    あんこ あんこさん  2017年11月18日 18:07  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi