AMY SAID エイミーセッドのレビュー・感想・評価

AMY SAID エイミーセッド

劇場公開日 2017年9月30日
6件を表示 映画レビューを書く

舞台演劇の感じ

役者さん達が素晴らしく成立しています。映画制作出資予定金が一転、友人を助ける費用に。制作していたらどんな結末に。デイケイドさん。舞台挨拶も。

びわ湖のこーちゃん
びわ湖のこーちゃんさん / 2017年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いっつ あ せれぶれーしょん

ディケイドというプロダクションに所属している俳優が中心で出演しているほぼ単一場所での密室ドラマ。二十年前に映画同好会にいたそれぞれの登場人物が色々と現実の悩みや辛さを吐露しつつ、その関係性の繊細さを表現していくシチュエーションである。一応、主題は過去の仲間の自死が発端であり、それぞれがその死んだ女性との思いを吐露することでケミストリーが起こるという会話劇でもある。
正直、今作品は非礼を省みず述べるならば、俳優のPV要素が強いと感じる。勿論、その面を敢えて匂わす宣伝内容なので、別段隠している訳ではないのだろうし、と同時に、そのプロダクションの記念行事的な意味合いも相俟っているので、何となく興ざめ感が否めないのは自分だけだろうか?出演している俳優は、邦画ではどこかで観たことある人達のオンパレードで、映画版『バイプレイヤー』といった雰囲気である。であるから、勿論演技も相当レベルが高く、今作品をそのまま芝居でもできるのではないかというライブ感も予感として持てる。それだけではなく、今後、伸びるであろう若手俳優達のプロモーション的要素も醸し出していて、そこもなんか鼻につくような・・・言い過ぎかもしれないが・・・。そういうものの匂いが出てしまうと途端にストーリーが陳腐化するというか、興ざめしてしまうのが悲しい。最後の大橋トリオの楽曲が秀逸なので、全てそこに救われた感のある作品と感じた。

いぱねま
いぱねまさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

成立はしてるね

古い感じの映画なんだよね。関係者が一室に集まって、20年前の事件を振り返んの。過去と現在の隠された事情が明かされてって「なに!」ってなるっていう。

お決まりのパターンだけど、役者がうまいから何とかなんだろってことでやってんのね。それでなんとかなってる。石橋けい好きだからひたすら観てた。

でも「ぎりぎり成立してるなあ」って感じで、そのギリギリ感が気になっちゃう。

密室で過去の事件を洗うって《キサラギ》もそうだったね。そして《キサラギ》の方が数倍面白いよ。

Scott
Scottさん / 2017年10月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中年ってこんなもんだよね。

中年になった皆の、いい感じの不幸せ感がよい。
多分だけど、皆で会ってる時はこうなんだけど、そうじゃないときはそれぞれ違う顔なんだろうなと思う。
実際、大体はこうなんだろうね。

khapphom
khapphomさん / 2017年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひとりよがりな中年たちの映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

中年たちが青春を振り返る会話劇とのことで期待したのですが、個人的にはフィットしない作品でした。

主要キャラが自己愛的なので観ているうちにウンザリ。
サークルのマドンナであるエミを偲ぶうちに、それぞれが抱えていた罪悪感とかのモヤモヤを語るんですが、自分語りばっかり。エミを殺したのは自分だ、と語ってばっかで、エミがどんな人だったのか、どんな苦しみや哀しみを抱えていたのか、誰も思いを馳せようとしないのが、合わなかった。
罪悪感を抱えて生きるのは辛いし、現実がうまく行ってないと仲間にすがりたくなるのも解る。しかし、お前らもっとエミの内面に関心持っとけよ!と言いたくなる。
クライマックスである朝田の自分語りでエミの自殺理由が語られるが、えっ?それマジで言ってるの?とびっくりしてしまうほど説得力が感じられない。朝田を演じる三浦誠己の演技が真に迫っているからこそ、逆に冷めてしまいました。
まぁ、本当の理由はきっと別にあるんでしょうけど。みんなエミに関心を持ってないからわかんないだけで。

そんな冴えない人たちが変化し成長していくのが映画の醍醐味。
しかし…物語が進んでも、ぜんぜん変化しない。川崎の熱っぽい独白も、うわっ、さむーって感じです。情熱こそが人生を豊かにするものだと思いますが、あのシーンでひとりよがりの熱さほど寒いものはないと実感しました。
結局、収以外の主要キャラはみな嫉妬とかコンプレックスに振り回されており、基本的に関心が自分にしか向いていない。現実の生活が満たされないのも宜なるかな。正直、ああはなりたくないです。

キャラクター・内容ともに個人的には最悪でしたが、映画としては充実しているな、という印象。会話劇でありながらテンションが落ちずに中だるみしないし、それはひとえに演者たちの実力の賜物だと思います。
大橋トリオの歌でクライマックスを盛り上げる演出も、ここぞ、というタイミングでやって来るためハッとしました。
(ストーリーが良ければここでキたと思います)
村上淳のチンピラ感も最高でした。手下ともどもロッキー好きって泣けます。

これでキャラと脚本にもっと魅力と厚みがあれば、としみじみ思いました。

kkmx
kkmxさん / 2017年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

素敵な映画でした。

覚えのある感覚。ゼミやサークル、あるいは職場の同期。同世代で同じ場所にいたあの人たち。あの時期同じ空間にいて同じ空気を確かに共有した、傷つけ合うことも多かった、二度と会いたくない、でも確かに仲間だった、そんな郷愁。
ディケイド、いい事務所ですね(笑)

NYAAGO0
NYAAGO0さん / 2017年10月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi