打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? インタビュー: 菅田将暉を笑わせた、広瀬すずの意外な“一人カラオケ”好き

ホーム > 作品情報 > 映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 > インタビュー > 菅田将暉を笑わせた、広瀬すずの意外な“一人カラオケ”好き
メニュー

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

劇場公開日 2017年8月18日
2017年8月18日更新
画像1

菅田将暉を笑わせた、広瀬すずの意外な“一人カラオケ”好き

アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が、8月18日公開される。1993年に奥菜恵山崎裕太主演でドラマ化、95年に劇場公開された岩井俊二監督の同名作を、「モテキ」「バクマン。」の大根仁氏が脚本、人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之氏が総監督を務めた話題作。打ち上げ花火は横から見ると、丸いのか、平べったいのか? 親の都合で突然の転校が決まってしまった中学1年の少女なずなと彼女に思いを寄せるクラスメイト、典道たち少年が過ごす花火大会の日の物語。なずな役の広瀬すずと、典道役で声優は初挑戦となる菅田将暉に聞いた。広瀬が“一人カラオケ”が好きという意外な趣味の話も飛び出して…。(取材・文/平辻哲也、写真/江藤海彦)

――役にあたって準備したことはありますか?

菅田将暉(以下、菅)「まず台本の読み方が分からないので、台本を読みながら、コンテの絵を見るくらいしかできなかったです。原作の映画は改めて見ました」
広瀬すず(以下、広)「私も台本を読んで、映像を見て、セリフを読んでみて。それくらいでした。年齢がすごく離れているわけではなかったので、強弱をつけるよりも、このままでいいかな。(そうでないと)原作にあるような、匂いのある質感をもった映像がもったいないな、と。実写と変わらない言い回しでセリフを言ってみて、監督からなにかこうしてほしいとかあれば、できたらいいなと思っていました。でも、監督も『そのままでいい』とおっしゃってくれました」

――原作はどうご覧になりました?

広「話を頂いてから、見ました。私、大好きです。なにかドキュメンタリーを撮っているような感じで、バスのシーンも上から撮っているじゃないですか。ど真ん中になずなちゃんがいる感じがたまらなく好き。画面から匂いがする感じで、蒸し暑い感じとか…」
菅「なんかホームビデオっぽいよね」
広「やりたいと思いました!」
菅「(ホームビデオを)やってみたら、いいんじゃない? 広瀬すず監督で(笑)。(岩井監督の作品は)美しいですよね。アナログな質感だったり、匂いってのも分かるし。どこか刹那的でノスタルジーなところもある。あの時のあの瞬間を切り取っている感じが、今、映画を作る上で大事だと思うからこそ、刺激的な作品だなと感じます」

――収録は昨年4月だったそうですが、どんな様子でしたか?

菅「日数でいうと2、3日。ほとんど、すずちゃんとふたりきりで、1日だけ(クラスメイト・祐介役の)宮野(真守)さんがいました。普段の撮影だと、スタジオやロケでも人がたくさんいますが、声のときはブースで数人スタッフがいて、僕らがいる。今まで映画を作ってきた環境とはまるで違っていて、不思議な感じでしたね」

――アフレコではなく、プレスコアリング(先に音を収録し、絵を合わせる製作方法)。絵がほぼない状態で声を吹き込んだそうですね。

菅「普段(の映像の仕事)だったら、もっと考えることがたくさんあります。画角の把握もしなきゃいけないし、現場の空気は俳優部が作るものだから、いろんな気を回したり、作ったりもしますけども、これに関しては、ここだけの世界というのが大事でした」

――広瀬すずさんは「バケモノの子」で声優を経験済みですが…。

広「でも、全然違いますね。(「バケモノの子」の収録は)全員でやるものだったので、同じシーンはない絡みのない役者さんも毎日、現場入りしていて、顔を合わせていました。最初は、監督の隣で、みなさんがやっているところを見学させてもらって、自分の知らないシーンも見ているし、顔も合わせています。5、6人のシーンでは、マイクの前で自分が話すときは一歩前に出て、終わったら下がって、というやりかたでした。(今回は)その場にいる人数が少なかった。私はその方が好き、やりやすい環境でした。なずなは跳ねているような役ではなかったので、やりやすかったです」

――広瀬さんは、松田聖子の「瑠璃色の地球」を歌うシーンがありましたね?

広「(具体的な曲は)春に録った後に決まったんです。なにかを歌うとは聞いていたんですが、音楽を聞いていなかったです。その後に、(なずなが)歌っている映像のDVDをもらいました。(カラオケ店で)一人で練習しました。夏に収録しました」

――歌は得意ですか?
広「歌うのは好きです」
菅「カラオケとか行くの?」
広「一人カラオケです。人とは、そんなに行ったことないんです」
菅「何歌うの?」
広「合唱曲を歌っています。小学校の時に歌う…」
菅「『旅立ちの日に』?」
広「そうです! 『COSMOS(コスモス)』とか、Kiroroさんの歌とか。あと、『マル・マル・モリ・モリ!』」
菅「めっちゃおもろいやん。それ、なんかで密着してもらい。カメラ回してもらい。めっちゃおもろい(笑)」

――菅田さんは、宮野さんとの共演で声優さんの凄さを実感したそうですね。

菅「水の中に落ちていく、その中での声とか、ブワーと出てくる時の声とか、ご飯を食べながらのシーンの声とかを、宮野さんから『こうやって手を使うんだよ』と細かい技術を教えてもらいました。今までもアニメーションを見ていたけれど、なにげなく見ていたものは、こうやって作っていたんだ、とビックリしました。アンテナが広がりましたね。出演者の中では立木(文彦)さんが(デビュー作である)『仮面ライダーW』のナレーションをやってくださっています。一度だけお会いしたことがあるんですけど、めっちゃ声が低くて、伸びやかで、聴きやすくて、いい声。ムッチャかっこよかった。(仮面ライダーはスーツアクトの場面でアフレコもあったので)デビュー当時のことも思い出しましたね」

――好きなアニメは?

菅「めっちゃ増えました。(実写映画で出演した)『銀魂』はよく見ています。ジブリ、ディズニーも。ふと見直したりすると、号泣してしまいます。『平成狸合戦ぽんぽこ』は大人になってから見ると、パンチがありますね。風刺が効いているし」
広「私は、あんまり見てこなかったんです。ジブリの有名な作品をちょこちょこ。1年半くらい前に『耳をすませば』を見たんですけども、心が踊って、ワーとなってしまいました」
菅「うん、いいよね。あれ、高橋一生さんの声なんだよ。バイオリン職人の声…」
広「えっ、そうなんですか? あ、そうだ。もう一回見よう!」
菅「一生さんの声、めっちゃいいよね」

――本作の手応えは?

広「(主人公たちが)瞬間瞬間が生きている感じがします。こんな話がそのままあるんだろうなとすごく感じました」
菅「ロマンがあるし、映像も色気がある。こういう毛の生えそろっていないような主人公のお芝居は段々、(年齢とともに)減ってくるじゃないですか。久々にやれて、どこまでできたかなと思っています。そう、こないだオレンジ色のブレザーを着て、芝居をやったんですけども、さすがにキツくなってきたかなって思ったんです。噴射するタイプの花火を囲んで、キャッキャッ言っているシーンがあって、アクシデントで花火が倒れた。その花火が俺が座っているチェアの下に来て、グルグル回って、火の中に消えるということがあった。昔だったら、爆笑しながら、すぐにリアクションを取っていたと思うんだけども、体がすぐに動かなかった。年取ったなあ」

――まだ24歳ですよね?

菅「でも、(この主人公の)13歳と24歳じゃ、全然違います」
広「箸が落ちても面白い年ですもんね(笑)」

――「君の名は。」は上白石萌音神木隆之介といった俳優が声を演じて、去年大ヒットしました。意識しますか?

菅「(広瀬に)意識しますか?」
広「みんな出ている人が知っている方ばかりでしたけども、意識はしなかったです。あんまり考えたことはなかったです」
菅「どうしたってね、大人がざわついている姿を見ているので、意識せざるを得ない部分はあります。いろいろ調べていくと、神木君、すごいな、と。素直に勉強になるなと思いました。(大合唱上映をやった「君の名は。」のように)劇場でサイリウムを振るような映画ではないけども、ここにしかないものは絶対あるので、それでいいのかあ。サイリウムは持ってこないでください(笑)」
広(爆笑)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

オリジナルのテーマを深化させ、アニメならではの魅力もフルに発揮した理想的なリメイク
映画評論

人生は選択の連続である。もしあの時違った選択をしていたら、別の人生があったかもしれない。しかし、人生はやり直せない。だから人は葛藤する。あり得たかもしれない「if」の自分を想像するのはとても魅力的なことであるが、時に後悔の念を抱くこと...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全481件)
  • 何も起きない映画 タイトル通りなのですが、 なんの説明も無い不思議な物体の力で時間がちょいちょい戻り、劇的に変化するでも無いので話が進みません 一番ムカつくのは、タイムリープの発動のきっかけです まだ人間の力で... ...続きを読む

    HDD4455 HDD4455さん  2017年9月20日 15:54  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • ムラがありすぎ ネタバレ! ...続きを読む

    くじら くじらさん  2017年9月20日 11:02  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 文化作品だと理解していれば 全体的に意味深で分かりにくいストーリーなので低評価が多いですが、 元々フジテレビ系のドラマ原作の感性を刺激する話になっているので、 想像するのが好きな人にはオススメします! 主役に広瀬すずと菅... ...続きを読む

    好娜 好娜さん  2017年9月19日 23:50  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi