奴隷の島、消えた人々のレビュー・感想・評価

奴隷の島、消えた人々

劇場公開日 2017年1月17日
4件を表示 映画レビューを書く

奴隷の島で

韓国で実際にあったらしい事件をもとに作られた映画。記者の主人公が取材で訪れた島では、障害者が奴隷のように働かされていた。それに気づいた主人公が、なんとか告発しようとする内容。
最後はなかなか良かったけど、中盤は面白味がなかった。

Stockholm
Stockholmさん / 2017年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐ろしい

2014年、韓国であった事件の映画化でとても怖い。
小さな島の塩田では、知能の発育が遅れた人たちを雇い、給料も払わず働かせていた。
記者が取材で乗り込むが、次第に身の危険を感じ始める。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残るのは哀しいやりきれなさ。恐ろしい事件の真実とは。

【賛否両論チェック】
賛:劇中にモキュメンタリーを巧みに用いて、離島で起きた恐ろしい事件の一部始終を映し出しているのが印象的。
否:モキュメンタリータッチの部分はかなり映像がブレるので、何が起きたのか分からないシーンも多い。終わり方もやや唐突か。

 物語そのものはフィクションですが、その背景にある事件は実話とあって、そう考えると非常に恐ろしさを感じさせるものです。
 前半はそんな塩田の真実を暴こうとする女性記者とカメラマンの緊迫した取材の様子が、モキュメンタリータッチで描かれ、後半は一気にサスペンス色が強くなっていきます。やがて辿り着いた真実には、フィクションとはいえ背筋が凍ります。
 終わり方は少し唐突というか、救われない感はありますが、貧困問題も改めて浮き彫りにするような、そんな緊迫感溢れる作品に仕上がっています。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

再現ドラマ

こんなことがつい最近の出来事だというのは衝撃的で興味深いし面白いのだけど、ただの再現ドラマをみている感じで抑揚があまりなく、緊張感や迫力を感じない。

フィクションになってしまってももう少し感情を掻き立てるドラマがあればという感じ。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年1月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi