ブルーハーツが聴こえるのレビュー・感想・評価

ブルーハーツが聴こえる

劇場公開日 2017年4月8日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

はじめてのオムニバス

ブルーハーツはファンではない、けど世代だし好き程度。

なんかB級映画。クラウドファンディングだったのか( ˙ ⍘ ˙ )
にしては有名な俳優さんばかり採用していて無駄遣いというか、逆に無名な俳優さんの方が入り込みやすかったかも。
(歴代の役どころが邪魔をして...)

1本30分程度で善し悪し。
短すぎて入り込む暇がなかったりストーリーが凝縮しすぎて分かりにくかったり薄かったり。
ただ、短いので飽きないし、各自好きなタイプのストーリーを探せるし。

kyaroline
kyarolineさん / 2017年7月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3時間近くのものだけど、30分程度×6本のオムニバスなのでそれぞれ...

3時間近くのものだけど、30分程度×6本のオムニバスなのでそれぞれリセットしながら見れるだけに長くは感じない。

?尾野真千子主演
同棲している彼が浮気していて、その葛藤を描く。上司の東京03の角田や高校生とのやりとりがおもしろい。

?市原隼人主演
宇宙ステーションが爆発して数人だけが生き残るが、その中に感情を持ったサイボーグが紛れ込んでいる。話が破綻していて、見ていてしんどくなる。

?斎藤工主演
ブサイクだった少年が憧れのクラスメイトの運命を脚本を書き換えることによって変えようとする。過去に行ってしまうというありふれた設定で脚本がつまらない。

?優香主演
母子家庭の母親にパート先の主任が言い寄ってくる。この話は30分ほどに詰め込むのはしんどい。もっと長くしてそれぞれの心情を描いてほしい。

?永瀬正敏主演
亡くなった娘のことを思いすぎて、冷凍保存してしまう。全く会話がなく、映像や表情だけで読み取るスタイル。これももう少し掘り下げて見ないと、場面場面のことが読み取りづらい。

?豊川悦司主演
福島の原発から避難してきて、都会生活に馴染めない。社会問題ともリンクしていて入りやすい。もっと見たいと思った。

クラウドファンディングで映画が作られているためか、予算がもともとないのか、映像が全体的に残念感がある。
歌を入れることだけは決定していて、あとはその歌(歌詞)の世界観やそこから連想する内容になっている。6人の監督が盛り上がって寄せ集めたが、監督の実力の差が出てしまっている。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌にやられた!

私とブルーハーツとの出会いは小学生の頃でした。ふとテレビの歌番組を見ていて、ブルーハーツが登場☆そこで披露された歌が、リンダリンダでした。ブルーハーツを知っている人はわかると思うんですが、あの歌い方、あの単純かつ心にガツンとくる歌詞、めちゃくちゃノリの良い曲、小学生の私には衝撃的でした。それからブルーハーツのファンとなり、今でもカラオケ行くと歌っています。
今回のこの映画は、良い内容のものもあり、普通のもあり、いまいちのものもあり、内容はさまざまだったのですが、すべてにおいて歌にやられました☆私の中での10代青春時代のど真ん中な歌だからです。最高でした!涙が止まらなくなって、ちょっと焦った場面もありました。また、車なんかでブルーハーツのCDを聴きたくなりました。ただ疑問に思ったのが、名曲リンダリンダやトレイントレインが選ばれなかったのかな?と思いましたが、私にとっては最高の映画でした☆

ノリノリスギ
ノリノリスギさん / 2017年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全て

全作品短い時間の中に2時間位の満足感ある作品多かったな〜

愛純
愛純さん / 2017年5月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純な方がいい

もろブルーハーツ世代の映画好きなのでかなり楽しみにして行きました。
1本目がダントツ面白かったしブルーハーツに合ってた。
脚本も役者さんも流れもラストも良かった、スッキリした。
ジョウネツノバラ、
わかるんだけど、途中退屈だったけど
最後どうしようもなく、泣けた。
あんな風に愛されたら、
もしかして愛した方も、幸せかもしれない
と思った。

ブルーハーツは複雑な設定より
単純な方がガツンときてパワーが出て
良いような気がした。

チャッピー
チャッピーさん / 2017年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス面白いね

飯塚健監督の《ハンマー(48億のブルース)》が抜けて面白かったな。芝居がかった演出なんだけど、それがハマって笑いが取れる。演じきる尾野真千子もすごい。高校生役二人も楽しくていいよね。

他はまあ、解るなあという感じ。あれだけの豪華キャストにしなくても良かったんじゃ。

レイトショーだったから、観終わって始発まで一時間待って帰ったけど、そこまでして観なくても良かったかなあ。でも飯塚健監督知ったから良かったかな。

Scott
Scottさん / 2017年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

曲に合ってるかは分からない

ブルーハーツは中学のときにリンダリンダにハマったくらいでファンではないんだけど、豪華監督陣とキャストでのオムニバスってことで興味を持って観てみた。

『ハンマー(48億のブルース)』
東京03の角田がまんま角田ってかんじで笑えた。
女子高生二人との掛け合いが細かくて見事。ちょっと長めのコントのようだった。
ただ尾野真千子の役柄に終始イラついてしまった。
ライブシーンは良かった。よっちゃんイカをドラムのサッシンに乗せるくだりは好き笑

『人にやさしく』
6編の内、唯一普通に面白かった作品。
宇宙空間に放り出された不安感と投げやりになった人間のみっともなさ、ヒューマノイドの哀しさが激しいアクションと共にミシミシと身体伝わってきた。
短いので物足りなさやツッコミどころもまああるんだけど、普通にもっと予算入れて色々掘り下げて観てみたい気がする。
市原隼人のかっこよさに初めて気付けた。

『ラブレター』
斎藤工をスクリーンで観るのは初めてなのでちょっとワクワクしてた。
王道だけど面白そうだなーと思いきや、なんだかちゃっちかった笑
アホらしい設定と空気感は結構好きなので映画としての深みが欲しかったかも。

『少年の詩』
子役の男の子かわいい。演技上手いし。
手作りボンバー仮面に変身してショー中の新井浩文に殴りかかるのは、流れから予想通りとはいえかなり面白かった。
その後の観客のシラけぶりと健くん親子の笑顔がまたグッときた。

『ジョウネツノバラ』
永瀬正敏ってどうしてこうもヨレヨレのジャンパーコートが似合うんだろう。
台詞は一切なけれど、最愛の恋人を亡くした男の虚無感と恋人の死を認められない感情が伝わってきた。
暗闇に一筋の光差し込む中タバコを吸うシーンが好き。
ただ、ひたすらに退屈。ちょっとキツかった。

『1001のバイオリン』
ここに来て震災&原発ネタかよ!
動物に対する特別な愛情ってイマイチ理解できないし、トヨエツの考えも分からず正直つまらなかった。
ただ小池栄子と石井杏奈と三浦貴大の演技と、色々なシーンの写し方がすごく綺麗でかっこよくて、監督の名を見て納得。

ブルーハーツの曲が物語に合ってないように感じることもあったけどしょうがないのかな。
ブルーハーツがすごく好きな人はどう捉えるのか興味湧く。
6編ともテンポが良いわけではないので助長に感じたり微妙なこともあったけどこれはこれでアリかも。

KinA
KinAさん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった~

6つも映画が見れるのは、お得だけど、好みが分かれると思う。

ここなつ
ここなつさん / 2017年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

曲負け

ブルーハーツの曲に負けてるよなあ。
というか、私の思う曲の世界観とは違った。
ブルーハーツファンじゃない人が見た方が面白いのかも?

飯塚さんのが一番好きかな。伊藤沙莉好き🎵
ジョウネツノバラの水原希子もすごい綺麗で♥ミラジョヴォヴィッチみたい♥

kyocool
kyocoolさん / 2017年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス映画は楽しい。そして最後はなんと!

久しぶりのオムニバス映画。
青春もの、SF、台詞が全くないものなど、色々あって楽しかった。

でも最後の福島の原発避難者の話は、身につまされた。自分も被災者で、かつ今復興の仕事をしているため。
ここで書くことではないけれど、町の中心部はきれいになってきたけれど、町の外れはまだ、地震直後のまま。映画でも描かれていたけど、若い人は前に向かって進んでいるけれど、高齢者は気持ちを切り変えられず置いてきぼり。テレビでは6年経って復興が進んでいると報道しているけれど、それはほんの一部。
元の生活に戻れない人の方が圧倒的に多いのが現実。

映画の話に戻るけど、本編が終わってなぜブルーハーツ?って思ってたら、
青空がスクリーンに映し出された。
もしやって思ったら、
自分の一番好きな曲が流れ出した。
鳥肌が立ちました。
この映画の製作者と自分の好みが一致していてよかった。
終わり良ければすべて良し。
幸せな気分で映画館を後にした。

Mac
Macさん / 2017年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ブルーハーツのファンです

ブルーハーツの歌が大音量で聞けて良かった。
映画の内容は私の歌のイメージとは違ったけど、人それぞれの感じ方があるから仕方ない。

よしお
よしおさん / 2017年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブルーハーツが聴きたくなる

ブルーハーツが好きなので、タイトルに惹かれて鑑賞。

監督が異なる全6話のオムニバス形式でそれぞれブルーハーツの楽曲に合わせて作られたストーリー。それぞれ個性が強く、とても楽しめた。

楽曲に合わせて映画が作られる。その設定がMVみたいで面白い。

オススメは4と6番目の話。曲とストーリーがとても合っていたし、両方とも号泣してしまった。

ブルーハーツが好きなら、観て損はないと思う。

とっしー
とっしーさん / 2017年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想とは違ったのが面白かった

THE BLUE HEARTSの大ファンです。
その理由でこの映画を観ました。正直、この曲はこうなのであろうか??
と個人的に思うことがありました。
が!そういう視点でも捉えられるのか。と新しい発見にもつながり、観てよかったです。
あと色々な一般の方々の協力も得てこの映画が制作されたのだと、感じることができました。
そして、一番興奮したのはやはり、THE BLUE HEARTSの曲が劇場の迫力あるサウンドでノーカットで聴けたこと!!
やっぱりTHE BLUE HEARTSは音楽で聴くのに越したことはないですね。
当たり前ですが(^-^;
THE BLUE HEARTSを知らない方でも楽しめる映画だと思います!

たんぶらー
たんぶらーさん / 2017年4月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス映画も大好き!

「ブルーハーツが聴こえる」は6人の監督がブルーハーツの楽曲をそれぞれの解釈で作った短編映画のオムニバス作品!オムニバスっていいんだよね…色んな監督の作品が一挙に観れてお得感があるから笑。

一発目の飯塚健監督の「ハンマー」、大爆笑だった!尾野真千子×角田晃広×伊藤沙莉、を撮る飯塚監督めっちゃ最高だよ面白いよ〜涙。飯塚健監督は、「大人ドロップ」の時は、?と思ったけど、山田孝之の深夜ドラマ「REPLAY&DESTROY」で一気に好きになって、今回の「ハンマー」も超爆笑だった、ただひたすら笑った。あのキャストだからこの笑いが成立したというのもあるし。人ってこんなに簡単に笑っちゃうの??ってぐらい簡単に爆笑が生まれるから凄い。もっと観たい、監督の笑える作品。
三発目の「ラブレター」も良かった。ストーリー的には普通かもしれないし山本舞香ちゃんもそこまでだけど、斎藤工がすんごくいい。こういうイケてないのとかB級系のノリとか昔の役者風の雰囲気とかさ、これだよ斎藤工が1番輝くのは(あくまで主観)。いい男が演じる三枚目って素晴らしいね。成功しないパターンもあるけど、それが成功した瞬間私の中の文化遺産になるよ笑。カッコいいとかいい男とか飛び越して見てて気持ちがいい笑。こういう作品にバンバン出られたら好きになってしまう((((;゚Д゚)))))))
それぞれの作品良かったけど、最後の李相日監督「1001のバイオリン」は群を抜いてた…てか個人的に昔から大好きな監督というのもあるけどまじでよかったー。「怒り」に続いて三浦貴大が出てたのもほんと私得過ぎた。ジワジワどんどん好きになる俳優だよ。
映画とかドラマの作品に、時事問題とかを取り入れるのを嫌う意見もよく聞くけど、どんな作品でも媒体でも、結局作ってるのが人間なんだから、その人のその時の思いとか感情とか解釈とか気持ちとか考え方とか言いたい事とか入り込むの当たり前だよなーと私は思ってしまう。そこが万人に受け入れられるかは別として、ロボットが作ってるわけじゃないんだから、そこが魅力のひとつなんだから、と。

まぁそれでもつまらない映画はつまらないしつまらないものはボロクソに言っちゃうけど((((;゚Д゚)))))))笑

来週末以降も毎週毎週楽しみな映画が公開だ…なるべく見逃さないように観ていこう。

まつこ
まつこさん / 2017年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス の良さ

よかった順で、
1001のバイオリン
ジョウネツノバラ
少年の詩
ハンマー
ブルーハーツなしでも十分面白かった。でもこのよかった順は、楽曲と映像のシンクロ度の順にほぼ一致してます。
水原希子すごいなと思った。ハンマー楽しかった!尾野真知子イイね。

SUZUKI TOMONORI
SUZUKI TOMONORIさん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ん〜🌀

ブルーハーツの好きな曲を家で聴いていた方が良いと思う。
期待し過ぎたのかも・・・
強いて言うなら「少年の詩」は良かったかな。

全作品の出演者は良いんだけどな〜

自分が見に行ったトコはほぼ満席でした。

ピコ
ピコさん / 2017年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何か大切な事を教えてくれました。

こんな映画があってもいいかもと、感じました。
ブルーハーツの曲を聴くと、泣けてくるのは何故だろう。
改めてちゃんと聞きたくなりました。
アルバム見てみようかな…。

ご参考までに…
1番面白かったのはラブレター!
2番目に良かったのはジョウネツノバラ!
3番目に良かったのはハンマー!
かな~。

麗恵
麗恵さん / 2017年4月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事前情報何もなく、タイトル気になってふらっと観たので凄く新鮮で面白...

事前情報何もなく、タイトル気になってふらっと観たので凄く新鮮で面白かった。

6作品のオムニバスなのでその中で気に入った作品もイマイチだなと思った作品もあるけど、好きなのは3.4.6作目。

三作目のラブレターは、登場人物も魅力的で、内容もコメディなのだが青春の痛々しさと甘酸っぱさがあってとても楽しめた。
主演の斎藤工は今まで注目していなかったが、今回とても光っていて見る目が変わった。見た目通りの色っぽい役どころも需要あるとは思うが、こういうかっこ悪いダサい青臭い感じの役向いてるのではないか。私はこっちの方が好き。
友達役の要潤も二枚目になりきれてない感が役にあってるし、ヒロインの山本舞香はとにかく可愛い。初恋の人の輝きがきちんとある。

ますん
ますんさん / 2017年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作品を世に届ける人たちの矜持の融合 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

4月9日、新宿バルト9にて観てきました。ブルーハーツが大好きで、上映前はどんな映画なのか最高潮の期待感を持っていた反面、曲の持つイメージやエネルギーが作品を通して伝わってくるのか正直不安でした。

観終わった後の感想は、
不安は全くの杞憂。ガン上がりしていたハードルを軽々越えるどころか宇宙にブッ飛んでいきました。正直映画を観てこんな気持ちになったのははじめてでした。

伝説とも呼ばれるブルーハーツの楽曲のイメージを大切にしすぎる余り日和っている作品は一つもなく、良い意味で全ての作品が振り切っていました。その根底には確実にブルーハーツの伝える前向きなメッセージが込められており、はじめてブルーハーツの曲を聴いたときの衝撃が蘇ってきたかのようでした。

[ハンマー]
テンポの良い軽快なギャグによって登場人物の感情の機微が絶妙に表現されていて、笑えるんだけど「そうだよなぁ」と共感する部分もある、観ていて気持ちの良い1曲目に相応しい作品と思いました。簡単に割り切れない気持ちや悩みを歌というハンマーでブチ壊す。改めて歌の持つエネルギーを感じることのできる作品です。

[人にやさしく]
ある未来、囚人を刑務所惑星へ輸送する宇宙船が隕石に衝突。辛うじて生き残った僅かな乗組員たちが繰り広げるヒューマンドラマ。
正直設定がブッ飛んでて、短い作中で細かに説明されることはないので読み取ってついていくのが大変な作品ではありました笑。
注目すべきポイントは、時間的猶予はあるものの、確実な死が迫るとき、人間はどういった行動を取るのか。そして、その中で垣間見える「人間が持つ、世界を変えることが出来るかもしれない性質」とは何か、それが解ったとき、表題曲の聴こえ方も違って来るかもしれません。主演の市原隼人さんらが演じるアクションシーンも見応えたっぷりです。

[ラブレター]
予告編を観たときは王道の青春映画かと思ったのですが、実際は「人にやさしく」に負けず劣らずブッ飛んでます笑。監督の作品のファンなら納得の展開だったかもしれませんが…笑。会場で最も笑いが起き、尚且つ、エンドロールで最もすすり泣く音が聴こえたという不思議な作品です笑。反則級の笑って泣ける作品です。

「少年の詩」
舞台は1987年、鍵っ子少年が主人公。
特筆すべきはその時代の空気感を表現するディテールの細かさ。当時のポスターやCMが作中で垣間見える、そのこだわりには脱帽です。作中でてくる少年少女たちの実在感は、撮りかたが上手いのか子どもたちの演技がいいのか、「ああ、自分もこんな頃あったなぁ」と思い出させてくれます。そして、子役の内川蓮生くんが魅せる市原隼人さん顔負けのアクションが、曲と共に最高のカタルシスをもたらしてくれます。清々しさを感じながら少しほっこりできる作品です。

[ジョウネツノバラ]
作中一切セリフが出て来ず、大切な人を失いつつもそれにすがり続ける男の感情を、演技、光の表現、音、風景などから読み取っていくという、映画でしか表現できない、映像作品の極致とも言うべき作品です。その分非常に多様な解釈ができる作品でもあると思います。(タイトルが情熱の薔薇ではなくカタカナなのも解釈の余地を拡げるためかもしれません。)もし誰かと一緒に観に行くときはそれぞれどんな観方をしたか、話してみると新しい発見があるかもしれません。世界一美しい死体を演じきった水原希子さんも必見です。

[1001のバイオリン]
豊川悦司さん演じる元福島原発作業員の男とその家族を、リアルを徹底的に追及して撮ったドキュメンタリー的作品です。リアルを撮るためのこだわりは、しっかり現地で撮影するところからも感じられます。(車から見えるお店の看板に「双葉店」の字が読み取れたのでおそらく福島県双葉町などで撮影されたのだと思います。)知り合いに、避難区域に住んでいて現在は故郷から離れて暮らしている人がいるのですが、作中描かれるような葛藤に悩んだりしていて、今も多くの人が葛藤しているのだと思います。震災から数年立つ現在、この作品の持つ意味はとても大きいものだと感じます。この作品に限らずですが、ブルーハーツの曲が持つ「理不尽な境遇、不条理な世界でも自分らしく前を向いて生きていく」という強いメッセージが心を貫きます。

作品全体としては、作品が曲のPVになってしまうのではなく、曲のための映画でありながら映画のための曲となっており、映画や音楽など、世に作品を届ける人たちの矜持が融合するとこんなに素晴らしいものができるのかと、ただ感嘆するばかりでした。
ブルーハーツは好きだけど観ることを躊躇ってしまっている人もいると思いますが、6曲6作品、必ず心に残る作品があると思うので、是非劇場で見届けて欲しいと思います。
ブルーハーツを聴いたことがなくてもこの映画がきっかけで好きになれる、そんな映画でもあると思います。

Loser Dog
Loser Dogさん / 2017年4月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ブルーハーツのライブドキュメンタリー

と思い期待してプレミアムシートで鑑賞しました。
正直とても残念です。

っsせめて音楽がながれるところは、本人の映像が欲しかったです。

でも水原希子はすごいです‼

かん
かんさん / 2017年4月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi