「ブラックユーモアとして楽しめる。」散歩する侵略者 nakadakanさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

散歩する侵略者

劇場公開日 2017年9月9日
全162件中、92件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ブラックユーモアとして楽しめる。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭のバイオレンス描写と音楽から、ブラックユーモアとして楽しむものかと感じました。
実際、宇宙人との概念に関する会話やバイオレンスなど、シニカルなブラックユーモアとして楽しめました。
松田龍平の飄々とした宇宙人ぶりや、クライマックスの長谷川博己など、役者の演技も印象的でした。
黒沢清作品ということで、不穏な空気感も良かったです。

しかし、もっと恐怖描写を期待していた為か、物足りなさを感じました。

また、ラストは、やはり愛が地球を救ったという解釈でしょうか。
愛の概念が無くなると、人間は虚無になるという解釈でしょうか。
愛が最も重要ということで、綺麗に纏めたという印象でした。
夫婦愛の物語としては、成る程と思います。

nakadakan
さん / 2017年9月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi