「一緒に生きたい…やがて世界が終わっても。」散歩する侵略者 あらりんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「散歩する侵略者」 > レビュー > あらりんさんのレビュー
メニュー

散歩する侵略者

劇場公開日 2017年9月9日
全162件中、161件目を表示
  •  
映画レビューを書く

一緒に生きたい…やがて世界が終わっても。

1年ぶりに、お会いする黒沢清監督。
またモヤモヤする難解な作品を世に送り出してくれた。

「クリーピー」以来の黒沢作品。
前作は3回鑑賞した。
今作は劇団イキウメ劇作家・前川知大さん原作。
しかも、人気舞台の映画化ということで初回から作品を楽しめた。
不思議な近未来を描き出している作風が「太陽」を想起させる。
私は前川作品が好きなのだなぁ…と映画に惹きこまれた129分間。

地球への侵略者・宇宙人役…
松田龍平さん。高杉真宙さん。垣松祐里さん。
3人の表情や佇まい。突飛な言動。
その宇宙人らしさがいい。
夫・真冶=松田さんの言動が不思議で笑えるシーンもある。
特殊能力を持つ宇宙から来た侵略者。
人類にとって脅威のはずなのに、思わず3人に肩入れしてしまう自分がいた。
私は何故、次第に侵略者を応援しているのだろう。
高杉くんの演技や垣松さんの初アクションも見事。

侵略者のガイド・人間役…
妻・鳴海=長澤まさみさん。
ジャーナリスト・桜井=長谷川博己さん。
侵略者に協力させられながら振り回される姿にハラハラ。
やがて宇宙人と育てる絆に人間らしさを感じる。
桜井・ハセヒロの戦闘シーン。
マシンガン、空からの爆撃が大迫力。

その他、品川・笹本さん率いる謎の集団が不気味に迫る。
響くヘリ音が不安を掻き立てる。

松田さんと長澤さんは初共演で夫婦役。
前半ずっと怒っている妻・鳴海。
感情の波がこちらまで伝わるかのよう…
激変する夫・真治の行動に戸惑い、イラつきながらも
夫を見捨てない姿がかっこいい。
最後まで愛を貫く鳴海が魅力的だ。
宇宙人と人間の夫婦に感動して胸が苦しくなった。

そして、助演の豪華さも見どころ。
鳴海の妹…前田敦子さん。
近所の青年…満島真之介さん。
鳴海の上司…光石研さん。
刑事…児嶋一哉さん。
その他、東出昌大さんと小泉今日子さんが重要なシーンで登場。

人類を研究する宇宙人が、侵略を成功させるために人間から奪ったものとは…
宇宙人が色んな人間から、あるものを奪うシーンを観ながら、
地球を守るために人類にとって大切なものは何か?
人類にとってなくてはならないものとは何か?
…色々と考えさせられた。

公開まで、あと1ヶ月。
9月になったら、また鑑賞したい。
難解だけど、味わい深い魅力がある作品。

一緒に観た人と語り合いたくなる映画だった。

あらりん
さん / 2017年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
くり
くりさんのコメント
投稿日:2017年9月11日

あらりん
こんばんわ。

観に行ったよ。なんとも
不思議な作品でした。

しかし贅沢な映画だね。
興行成績度外視で
好きな役者さんにでてもらって、やりたい映画を
作ったなって印象です。

余韻が多くて、自由な
作品だったけど

おもしろかった?

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi