パターソンのレビュー・感想・評価

メニュー

パターソン

劇場公開日 2017年8月26日
109件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

なぜかサイコスリラーの空気をまとっている。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

会話が微妙に噛み合わない夫婦。誰にも読まれない詩を書き続ける主人公。夫の仕事中、家のどこかを白黒に塗り続けている妻。ペルシャ系の女性だが夢はカントリーシンガーという奇妙さ。判を押したように繰り返される日常。行く先々に現れる双子たち。

さすがにうがち過ぎだろうと思いながら、この夫婦が崩壊に向かうシュールなサイコスリラー的展開になるなのではないかと終始ハラハラしていた。作家と夫婦と双子のモチーフが重なると、ジャームッシュ版『シャイニング』か!?と考えるのも仕方ないではないか。

いや、もちろん前情報でほのぼのとした日常を描いているとは聞いてはいたが、「それって本当なのか?」と疑わせるに充分なほど、水面下に不穏なものを感じる映画なのだ。ハラハラした。恐ろしかった。そしてそんな不穏さも何食わぬ顔で日常で包んでしまうジャームッシュは、やはり一筋縄でいかない監督だと再認識した。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

ジャームッシュ作品の中で一番好きかも

なめらかな映像。なにも起きないイベント。指摘なセリフ。

ジャームッシュが1周回って更に円熟味が増してきた。

自分的にはジャームッシュのベスト作品かもしれない。

この映画を映画館で観れてよかった。

osan
osanさん / 2017年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ルーティンの中の小さな変化

鑑賞中、気がついたらニヤニヤ、いや、ニコニコしていたことに気付いた映画なんて初めてだった。
「空白から始まる可能性もある」という長瀬正敏演じる詩人の言葉がこの作品の全てを言い表しているように感じた。
毎日が平々凡々と過ぎていくような、単調な生活であるようだが、感性のアンテナを研ぎ澄ましていれば、いろいろなことに発展していく芽が育っていることに気付く。
ローラの生活はまさにその象徴であるし、バーのマスターもそんな日常を楽しんでいる。
そんな心持ちでいると、喪失もまた出発に感じられる。
a〜ha!だからニコニコしていたんだ。

masaking
masakingさん / 2017年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸福 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間は幸福を求める習性がありますが、幸福とは何か、と問われるとよくわからない場合が多いかと思います。10人いれば10通りの幸福観があるでしょうが、この映画では、幸福な人生の1事例が発表されているような印象を受けました。パターソン夫妻、ホント幸せだわ。

パターソンさんの毎日はルーティーンですが、彼の内面は常に新しい出会いに満ちており、しかも詩としてアウトプットする力も備えている。なんて豊かで幸せなヤツなんだ。
感受性が強いと些細なことで揺れやすく、メンタルが不安定な人も多いですが、パターソンさんは安定している。メンタルが安定しているから仕事も続けられ、その結果経済的にも安定している。安定の連鎖!幸せだ!運転中に客の話を聞いてニヤッとする彼を見ると、基本的に人間好きなんだろうね。

そしてパートナーのローラちゃん。ラディカルで移り気、可愛いけど一緒に暮らすには癖が強くファンキーすぎるタイプだと思います。しかしパターソンさんはローラちゃんとうまくやれている。互いに欠けているものを補いあった関係のように思えて、それも幸福だ。
また、パターソンさんがギターの出費とかメシがマズいとか、結構我慢しているのもいい。でも我慢よりも愛がだいぶ勝っているので、大きな視点で見れば我慢と言っても些細なもの。折り合いながら生きる方が、成熟を促されるため長い目で見ると幸せだと思います。

細かい出会いも幸福です。詩人の少女とか、日本の詩人とか。特に後者の出会いは、パターソンさんの再生(と言うと大袈裟だが、マービンに詩のノートを食い破られるのはある意味死の象徴なので、プチ死と再生が起きている)に一役買っており、そんな白紙のノート送られたら、幸せでアーハ?って言いたくなります。
出会いには幸運な側面もあるけれど、パターソンさんは出会いを幸福なものにする能力があるようにも感じます。

そして、本作に彩りを添えているのが、いかにもジムジャーって感じのギャグの数々。ジムジャーのギャグはオチをつけてハッキリと笑いを取りに行くベタなタイプではなく、反復とかヘンなこだわりとか、後からジワジワくるナンセンスなタイプ。これも彼の作家性のひとつでしょう。
やたら出てくる双子とか、韻を踏んでいるとも言えるし駄洒落とも言えますが、「また出た」みたいな反復ギャグだと認識してます。あとあの不穏なBGMとかもナンセンスなギャグなんだと思います。
このような、意味がなくて無駄な演出こそが余裕の現れであり、その余裕も幸福に寄与してるんだな感じました。

合理性を追求し、無駄なく生きている現代社会に対して、ジムジャーは一貫してアーハ?って言い続けて来た人だと思います。そんなジムジャーの哲学が結実したような傑作でした。
個人的には、初期3部作以来の名作だと思います。

kkmx
kkmxさん / 2017年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暑い夏の日、日陰で文庫本を読む。その場面を呼び起こした映画「パター...

暑い夏の日、日陰で文庫本を読む。その場面を呼び起こした映画「パターソン」。
十数年前の夏、長期ロケ先で顔見知りになった、道路工事作業の方々。毎日顔を合わせるうちに、休憩時間の談笑などして打ち解けた。
中でも、1番粋な雰囲気の男性は、無駄の無い動きで仕事をこなし、休憩時間に昼寝する人々の隣で、いつも文庫本を読んでいた。
そつない会話からも、余裕と美しさを感じた。創作の仕事をする我々よりも、よっぽど叙情的な美しい日常を送ってるであろう彼の言葉も柔らかく、撮影が終わろうしている時の「寂しくなるな。」の響きはまだ覚えてる。

パターソンに住む、主人公パターソンの日常も同様に美しく、優しい。
彼らのベッドは優しく安心感に満ちていて、私が未だ見ぬ世界だった。
未だ見ぬなのか?見られないなのか?

Chiharu
Chiharuさん / 2017年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

印象がいつまでも残る

ジム・ジャームッシュの映画はおしなべてそうだけど、細部は覚えてないけどずっと「良かった」ものとして印象に残る、これもそのうちのひとつ。

内容を一言で言えば、「幸せに暮らす夫婦の平和な1週間」
だけど、運転手をつとめるバスの中、行きつけのバー、自宅なんていういつもの場所でも、日々起こるちょっとした新しいこと。
そのうちのひとつがもしかしたら、人生を一変させるかもしれないし、何も影響しないかもしれない、そういうことは関係なしに、日々、物事は、起きる。

まさに諸行無常。仏教的な観念がこの映画にはどこか漂う。

パターソン(人)が常に寡黙で冷静、淡々と進む物語?の安心感ある軸になり、周りで面白い人達がちょっと騒いでも淡々とした雰囲気はそのまま。逆のその面白い人達が、退屈な筋に彩りを加えているともいえる。だから、淡々としていても飽きないし、穏やかな気持ちで終始観ていられる。

あれ、さっきも聞いたなこの台詞。みたいな、小さな事柄の反復、デジャヴ、妖精とか小さなおっさんがやるイタズラみたいな演出もちょっと笑えていい。

犬の表情も最高!人間みたい。

この映画も、数年…数ヶ月経ったら内容は忘れちゃうかもしれないけど、良かったという印象はずっと残るのだろうな。

chibirock
chibirockさん / 2017年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人を幸福にさせる映画。

 これぞ、映画!
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」
「ダウン・バイ・ロー」
「ナイト・オン・ザ・プラネット」
「デッド・マン」
「オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ」
 そして、
「パターソン」
 ジム・ジャームッシュ。大学生の頃からずっと観続けています。この人、本当にいい映画を撮ります。今後も宝石のような映画を撮り続けてほしいものです。「映画界の良心」、ですね。

bashiba
bashibaさん / 2017年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これは、映画だ

観た人が幸せを感じるのが映画だとすれば、これは、映画だ。 … とここに記しているこの行為が、自分が主人公になったような気がする。素敵なgと映画だった。
驚くことは何も起こらず、平凡な毎日が過ぎていくのだが、たしかに主人公は幸せに生きている。自分は詩が好きなわけではないが、この映画を観ると「人生は、詩なんだなあ」と素直に思える。
「毎日が過ぎる」ということが、あたりまえと思っている毎日が、いかに光や音にあふれていて、感じることがどれだけ多いものなのか。それを映画に教えられるとは思わなかった。
淡々とした月~日の同じような繰り返しの中に、だんだん見えてくる瞬間瞬間の幸せや発見。繰り返しに飽きていくのではなく、逆に観ているこちらの感性がだんだん上がっていっているために、発見したりわくわくしたり感動したりしているのだろうと感じる。映画が、自分をかえてくれる、素晴らしい体験をした。

誰にも推薦したい映画だ。(その意味で、観に来るのが遅すぎた)

「人は自らの役割を選ぶことができる」(ジム・ジャームッシュ監督)

すべての人に、幸あれ。

CB
CBさん / 2017年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すべてに完璧

ここまで細やかな気を使って映画を仕上げるとは!流石ジャームッシュ。
4回見にいきましたが、まだまだ発見が止まりません。

永瀬正敏さんが3つの「a-ha」を解釈して使い分けているのには感銘を通り越して驚愕。
監督が永瀬さんありきで脚本を書き進めたのには頷けます。

主演のアダム・ドライバーのわずかな表情の作り方も絶妙です。口角だけで感情表現したり、視線で虚ろさを出したり。本物の役者です。惚れ惚れ。

mikublue
mikublueさん / 2017年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

堪らない。この世界観良い。

堪らない。この世界観良い。

ogi-aki
ogi-akiさん / 2017年11月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何気ない日常を綺麗な詩にできる。

詩を作るのと、人生を重ねて、最後の一言へ続く。とても哲学的な感じがするものの、軽く見ても、ほのぼのとするジャームッシュらしい映画。3枚目の男性が出て来ず、今回は犬がそれを担っている。ほんといい映画。

クロ
クロさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

主人公パターソンの何気ない日常を静かに淡々と描いている。 愛する妻...

主人公パターソンの何気ない日常を静かに淡々と描いている。
愛する妻ローラと愛犬との暮らし。

彼の視点から感じられる
この世界の美しさを静かに表現していた。

「普通で温もりのある愛しい毎日」

ルーティンな日々のなかで生きる私たち。

特別な映画ではなく
私たちの日々の暮らしと重ね合わせ
観賞することができる。

そんなパターソンのポエム(詩)は
彼の生きる世界の美しさを表していた。

Misato
Misatoさん / 2017年11月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

幸福の証

いつもと変わらない日々は幸福の証であることを改めて感じることが出来た作品であり、何気なく過ごす毎日でも少しづつ進歩している事を気付かせくれる。また愛犬の演技と存在感が何とも良かった。
2017-157

隣組
隣組さん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

澄みきった美味しい水

人工的で過剰なリズムに疲れた、心身に、細胞に、効く。懐かしく、そして新しい。全編にわたりよどみない。実際、このような人物は非常に稀ではないだろうか。未来への希望として、理想像が、意識的にか、無意識的にか、描かれたように思う。稀有な清らかさ。単純に見えるが、奇跡の奥深さ。

heaven0
heaven0さん / 2017年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「無意味」な映画

今作はおそらく作品から何かを受け取るタイプのものではなく、作品の日常風景を媒介に自身の生活へ反転させて、いかに思考空間に浸れるか、そこで何か気づけるかというものだと思われる。

いわゆる普通に映画をみる姿勢で挑むともったいない。画面を通して、いかに自身のなかを見渡せるかだ。

ぱんだまる
ぱんだまるさん / 2017年11月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

詩とニュージャージー州パターソン

バスの運転手パターソンの月曜日の朝から翌月曜朝までの変わらない8日間
双子と詩がたくさん。
何故か重低音が効いてゾワッとさせるけど何も起こらない。
でもどのシーンも絵になる。
白と黒が好きなフリーダムな奥さん。
チーズと芽キャベツのパイはおいしくないらしい。
カーテンのかかった煙たくないバー。
マーヴィンと名付けられたブルドッグは撮影後に死んでしまったみたい、ネリーというなのいぬ。

eli
eliさん / 2017年11月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

憧れる日常

派手さドラマチックさを一切排除した作品。
ただただ、日常が映されてゆく。
スマートフォンも持たない、特別華やかなことをするわけでもなく(他の女性を知ってみたいけど、やっぱり君が誰よりも大切だからと綴ってしまうくらい)…一見地味に見えて、淡々とした、でも愛がちゃんとあるパターソンの生活って、なかなか現代人には手にしづらいのかも。パターソンと同じ生活をしてみて、満足できないかもしれない。でも、パターソンはその生活を愛し安らかに暮らせているのだ。
そんな姿が、きっと刺激に満ち溢れた生活をしている私たちを羨ましくさせる。
この夫婦は決して似た者同士でもなければ、色々とズレているかもしれないけども、それを軽々と乗り越えるほどの愛情とリスペクトをもってる。お互い、ありがとうと言い合うところ、とても良かった。わたしも気をつけなきゃな、とか思ったり。
じんわりと、いい作品でした。

のん
のんさん / 2017年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

同じことの繰り返しと思える日常にも、目を凝らせば色んな事件や感情が...

同じことの繰り返しと思える日常にも、目を凝らせば色んな事件や感情がたくさん散りばめられているのだなぁ、と。
それらを感知できる繊細さや優しさを忘れずに生きていたい、何の変哲もない毎日をもっと愛してあげたいと思える素敵な作品でした。

ナミ
ナミさん / 2017年10月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1週間。 ベッドの上から始まる1日。 二人が一緒に眠って、くっつき...

1週間。
ベッドの上から始まる1日。
二人が一緒に眠って、くっつきながら目が覚める。
キスをする。
それが、手に入れたい幸せだなって思った。
羨ましかった。

夢見がちな妻。
何者かになりたいし、夫を何者かにしたい。
夫(パターソン)は趣味で詩を書きながらバスの運転手をしている。詩は自分の楽しみであり、生活の一部であり、それを世に広めたい気持ちは特に無い。
パターソンが何者かになりたいという、妻が持っている夢を持ってないからこそ夢を追い続けることができる妻。でも、それが生の醍醐味だと思っているからか夫にもそれを求めてる。

妻の幸せは、夫(パターソン)の稼ぎで支えられている。
夢のために300ドルのギターを買ってほしいとねだる妻と
妻を愛してるからこそ許す夫。
妻の言動にズレを感じながらも愛してるからこそ全て許す夫(パターソン)。
愛ってなんだろう。
でも、わかる。分かんなかったり違和感があったりするのに許したくなるってことが愛なのかもしれない。
噛み合ってないって分かってるのに、ぜんぶ受け入れたくなってしまう。愛してしまっているから。
悲しかった。
でも、二人がくっつく体温が単純に羨ましかった。

ザワザワはあるけど、君の体温がほしい。ぜんぶ、受け止めるから。愛してるの。
て、感じ。

300ドルのギターをねだったあとに、
カップケーキを売って280ドル稼いだ!嬉しい!という展開が、なんかシュールだなって思った。

天草
天草さん / 2017年10月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

マーヴィン

最後のクレジットで
なんとも溢れるものが
名優が一人(匹)旅立った

まる
まるさん / 2017年10月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

109件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi