スレイブメンのレビュー・感想・評価

メニュー

スレイブメン

劇場公開日 2017年3月10日
13件を表示 映画レビューを書く

中々面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直この監督の作品は苦手なんだけど、キャストが良かったんで見ました。
突拍子ない設定で、終盤は夢落ち⁉って感じだけど、終わり方は上手くまとめてて良かったです。

カミムラ
カミムラさん / 2017年10月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度観ても楽しめる映画

チープ感溢れる内容に驚きつつも、気がついたら物語に引き込まれる…
途中何度も「?」と思って居るうちに、主人公とヒロインの関係性やキャラがどんどん変わり成長していく姿に共感出来る映画。
何より中村優一くんが格好悪くて情けない男から、好きな女性だけを守り抜こうとする姿にキュンとします!

emiran
emiranさん / 2017年3月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

脳内消去ゲーム

前半はB級の匂いがぷんぷんする‪まさに自主制作映画の雰囲気漂いまくりで、そんなバカな!って展開が次々やってくるんですが、それはそれでニヤニヤしながら観れます。

ですがこの作品での見どころは、そして好きなのは後半です。前半の訳わからん展開の種明かしのように彩乃がポツポツと語り出すモノローグが切なくて切なくて、そこにしまだの優しくて遠い微笑みが重なって…とっても泣けました。

‪笑いどころも沢山ありましたが、特にスレイブメンが闘う時ぐるぐる腕を振り回してから敵にパンチしてるのが昔のアニメチックでとても笑いました!

主題歌もロックテイストで16歳という女の子のボーカルがとてもかっこいいです!

kami
kamiさん / 2017年3月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛しい私だけのヒーローを見て欲しい!

平和を守る忙しいヒーローが、唯一心を許す
ヒロイン。ヒーローもヒロイン自身もキラリと
光る魅力があって‥憧れます。
でも、この映画は違う‥。
とっても身近に‥独創性な状況をかいくぐり
自分のためだけに生まれたヒーローが現れる♫
愛しいヒロインだけを守るため、ヒーローは
スキャンし続ける。大切な人さえも‥。
壮絶な闘いを乗り越えながら、成長した
ヒーローがヒロインに優しく語りかける。
観客席が深く温かい言葉に包まれた時、
自分も救われ、幸せいっぱいになりました!
わたしだけを見つめ、わたしを救ってくれる、
ヒーローがいたら‥ヒロイン目線で観て欲しい。
観客それぞれが、ヒーローを誰とみるだろう?
主演が理想的なヒーロー中村優一くんだから
満点にさせていただきます!

向日葵。
向日葵。さん / 2017年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とにかく面白い!

前半は「この先どうなるんだろう??」とか「何でこうなるんだ〜!!」と思いながら見ていましたが、謎が解けてからはとにかく素敵なヒーローでした。最後は本当に泣けてしまうくらい感動しました。随所に笑える場面もあって、子供たちも楽しく見れたようです。

みんみ
みんみさん / 2017年3月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

驚きの展開の末の深い救済

井口監督が、主演の中村優一さんに「イケメンの皮を剥げ」と厳しくおっしゃっていたそうで、映画の導入部分では中村さんのイケメン俳優らしさはゼロです(笑)。
中村さん演じる島田は限りなく頼りなく、ドジで陰気で内にこもる性格で、のび太以上に情けないと言っても過言ではありません。
この島田がヒロインを救うカッコいいヒーローに変化していくのですが、なぜヒーローになる前の島田がここまで徹底して情けない男に描かれなければならなかったかは、後半の驚きの展開によって明らかにされます。

物語前半には全体的にそこはかとないチープ感が漂っていて、ご都合主義だったり、展開に無理があったり、話が飛躍していたりします。
井口監督作品初体験の私は「なんじゃこりゃ」という気持ちで途中まで観ていたのですが、中盤以降に、それらが全て計算された仕掛けだったことが分かります。
そして、中盤以降は驚きの展開の連続で、一気に物語に引き込まれていきます。

この島田がどのようにしてヒロインを救うかが、この映画の最大の見どころです。
女子力が高いと言われる井口監督ならではの女性的な視点から到達する結末には、多くの女性に共感や納得を得られると思いますし、個人的には涙なしに見られませんでした。
ジャンルとしては特撮ヒーローものということになるのかもしれませんが、勧善懲悪的な特撮映画とは一線を画す、深い救済の物語になっています。
そして結末が分かると、今度は答え合わせ的に再度観たくなります。

主演の中村優一さん目当てで観たのですが、思いがけずスゴイ映画に出会うことが出来て嬉しかったです。

さや
さやさん / 2017年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

何度見てもおもしろい♪

2回見ました!!
初見は展開にドキドキでしたが最後の結末にびっくり!!
そして感動♪
ときどきくすっと笑えたり(笑)。
2回目は結末を知った上でじっくり鑑賞。
新たな感動がありました♪
何度も見たくなる映画です♪

のり
のりさん / 2017年3月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もう一度観たくなる映画

予告動画からのいい意味での裏切り。グロくて不気味な世界観という先入観を払拭させてくれた。

前半部分の「?」となる会話劇や、くるくる変貌する展開・設定の謎も、全て終盤が答えてくれる。

全ての答えが分かったうえでもう一度観返すと、必ず見落としていた、初観では気付かなかった新たな発見が出来るはず。
そしてそれを見つけに行きたくなる不思議な感覚になってしまう。

何よりマスクにスレイブスーツのコスチュームが文句なしにカッコ良く、その姿でのアクションは本当に鮮やかで痺れる。
終盤での桜をバックにしたシーンも、さらに胸を熱くしてくれて良かった。

単純な、「ヒーローがヒロインを守るアクションもの」とは全く違う、自分勝手だけれど、どこまでも純粋な想いの溢れる映画です。

えみ
えみさん / 2017年3月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

後味が爽やか

予告編では、ちょっとグロい映像もあったので、覚悟を決めて観に行きました。でも心配する程ではないです。

井口監督の作品を恥ずかしながら見たことがなかったので、逆に先入観なしで楽しめました。

伏線も読めずに一体どんな風に着地するのかと思いきや、なかなかのどんでん返し。
主役の中村優一くん目当でしたが、イケメンの皮を脱ぎ捨てのギャップの演技は、驚かされました。
いるいる、こんな人、ちょっと引くって本気に感じさせてもらいました(笑)

一回見終えて、あれ?そういうことか。
ちょっと分からない。あー繋がるのね。など、
もう一回見たくなる映画です。

後味も良くて、華やかな気持ちになれます。
エンディングの桜も憎い演出でした。

あと、松井望さんの演技も際立ってますよ。
同じ人が演じているとは思えない程に、嫌な奴を好演してます。

見て損はしない映画です。

まなぶー
まなぶーさん / 2017年3月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

新しいヒーローの誕生です。

ダークヒーロー版「君の名は。」に納得!
こんなに先が読めない映画は観たことがないです。
ドキドキしっぱなしでした。

繰り返し観ると、いろんな感じ方ができると思います。
ぜひ、自分だけのメッセージを受け取ってもらいたい。

きっと、本当はだれもが、世界平和なんかより大切な人を守りたいと思っているはず。
そして、守られたい、と。

たかみ
たかみさん / 2017年3月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分でもなんでかわからないくらいに泣いた⁉

客観的に考えたら最近観た映画何本かの感動作で泣くならわかるけど、スレイブメンでめちゃくちゃ泣いた。なんでだ??
井口監督を大好きなのは自覚あるし、だから観に来た。いつもの井口作品とは雰囲気違った。私の大好きなカチッ、すーっ、って画面はいつもどおり裏切らない安心感。
物語は「なんだ?この自分勝手なムカツク展開は?」で進んでいく。(とはいえここまでの前半でも数ヶ所泣いてる)
最高のタイミングで横切るネコも見逃さなかった!
後半切なすぎるやるせなさ。
津田寛治さんの後半ボコられ顔は必見。

という具合なんだけど、井口監督好きだからとかじゃなく、【所々にちりばめられた言葉】がグサグサ刺さって画面と関係なく泣く。後半は泣きっぱなし。
あらすじ、後半を踏まえても普通の私ならこの内容でここまで泣くのはおかしい!ってくらい意味不明の涙。

【言葉】にやられたのか、たまたま私が情緒不安定だったのか。
なんにしても今までにない不思議なヤられ方で完敗した作品。

らっこおやじ
らっこおやじさん / 2017年3月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

敢えての?

なんだこの説明セリフの乱発と言った傍からの設定の崩壊は?と思わせる不思議な展開に苦笑の嵐。

ネタばらしされてナルホドねとはなったけれど…この作品のターゲットはどこなんだ?

チープな自主製作のノリを上手く利用して、バカバカしくみせているけれど、振り切った展開や見せ方がなく、かなりマジメな内容。それが悪い訳ではないけれどイマイチもの足りなかった。

Bacchus
Bacchusさん / 2017年3月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

星つけるの難しい

単純なヒーロー物かと思ったら、そうじゃないんだよね。

井口昇監督のデビュー作が《わびしゃび》っていう、監督が好きだった後輩の女の子を撮る映画なんだけど、その続編のおもむきだった。

《わびしゃび》は女の子を撮るだけで、何もできないんだけど、《スレイブメン》では「『誘って、撮って』ってのをきちんとやらなきゃ」とか「女の子神格化しちゃ駄目だよ」とか、《わびしゃび》当時の監督を叱責してる感じもあんのね。

だんだん、しょうもない井口昇が頑張る話を観てる気分になんだけど、井口青年なんか応援したくなんだよね。「頑張れ!負けるな!」って素で思って観てたもん。

色々とあったラストは、まあ、まとまった。それで思うんだけど、これ、面白いとか詰まらないとか言うの違う気がすんのね。「ズドーン」と出してきた井口昇をどう受け止めるかだね。

Scott
Scottさん / 2017年3月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi