「またか、」亜人 Naoさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「亜人」 > レビュー > Naoさんのレビュー
メニュー

亜人

劇場公開日 2017年9月30日
全238件中、42件目を表示
  •  
映画レビューを書く

またか、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作、アニメを実写映画化した作品ってクオリティが低いのばっかりで本当に嫌になります。

人気で知名度があるから実写映画化しとけば話題性だけである程度なんとかなる、みたいななのが大半で駄作ばかり…。
今回も軽い発想で作って出来上がった感じです。
アニメやマンガのような長編で物語を進めていくものを映画にするとどうしてもムリがでる。
こち亀や銀魂、るろ剣など各話で区切りがあるものは可能だろうが…。
銀魂はまだ見てないが、るろ剣の実写化は面白かったし佐藤健が主演してるということで期待していたががっかりでした。

すみません。実写映画化作品全体に対してついグチがでてしました。

今回の亜人の評価と感想に入ります。
キャストですが、可もなく不可もなく?って感じです。

佐藤健
原作やアニメを見てる私としては永井圭 役は佐藤健より神木隆之介の方がしっくりな感じでしたが…。良くも悪くも今回パッとしない。
川栄 李奈
目立たない役柄かあまり印象に残らなかったが後半のアクションはよかった。スタントじゃなければ凄い。
綾野剛
アニメの佐藤をリスペクトしてるのか、喋り方や声をマネてきてるのが逆に不自然さが際立ってる。肉体美は凄い。
玉山 鉄二
ある意味この人が一番よかったかも?感情の起伏が少ないしセリフもあまりなく役柄的にあってるため、演技も悪目立ちしないから

他のキャストは申し訳ないが主要人物ではないため評価対象外。

さて内容ですが、亜人といえば「不死身と黒い幽霊」これが物語の核で最大の見所であり全面に押し出してきてるところですね。

評価を高くつけてる人はだいたいこの部分のアクションとCGが凄くて面白いんだと思います。

後半はこれらを使ってみどころがあります。が、しかしこの手のものは今じゃいくらでもあるためこれだけ面白いなら、いささか評価が緩過ぎなのでは??
黒い幽霊の視点での動きは面白かったですが。
あまりワクワク感はないですね。

スピード感やテンポがいいって思われるかもしれないが、逆に言えば尺のために急いでる、見させられてる感が強い。
恐らくそれがキャラの心情や人間模様が薄っぺらしか描かれてないため感情移入もしにくいし、単なる安いCGアクション映画に落としてるのかと…。

少ししか会話していないのに平沢がやられた時だけ、何故?永井が感情的になるのか?
田中が、佐藤は20年間監禁されていた。と言っていたが不死身とはいえSATにほぼ1人で勝てる武器の扱いと格闘術を身につけている。どうやって身につけたんだよ笑
年齢からして無理があるってツッコミたいわ

チームこの評価が低いのは全体的に脚本と監督悪いと思われる。

Nao
さん / 2017年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 5 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
ナブラ
ナブラさんのコメント
投稿日:2017年10月16日

激しく同意します。
主演陣のアクション(戸崎以外)と菅野祐悟さんのBGM(一部)しか評価できる点がなかったです。
本広監督は組むスタッフによって作品の出来にムラがある監督だなぁと再確認しました。

Satoshi
Satoshiさんのコメント
投稿日:2017年10月12日

ちなみにあなたの好きなアクション映画は何ですか?是非聞きたいです。
ご回答宜しくお願いします。参考にしたいと思います。

アリス
アリスさんのコメント
投稿日:2017年10月12日

平沢がやられたとき急に感情的になった部分は違和感がありましたが、それほど嫌な感じはしませんでしたよ。綾野剛の演技も気に入りました。
私は原作ファンですが、アレンジも映画の良さを感じました。

Ezekiel Choke
Ezekiel Chokeさんのコメント
投稿日:2017年10月12日

私も本作の評価は高いですが、そもそも他に評価の高い人はあくまでアクションメインで観てるからだと思います。多分サクラではないです。

原作とは結構違うので、どうせ原作ファンには酷評されるんだろうとは思いましたが。

日本製のアクション映画で今作並みの映画があると言われるなら教えて欲しいですね。好みもありますが、CGとのマッチや量で言えばるろうに剣心よりも一段上だと思います。

人物の内情描写がミニマルだったりテンポが速いのも、情緒過多でダラダラした演出が多い邦画に辟易してた人には良く見えて、昨年のシンゴジラもそれをやんなかったから評価されてた部分もありました。

綾野剛の演技はウソくさいというか凄くマンガ的なのは確かですが、設定が凄くウソのものなのでまぁいいか、くらい。

城田優が上手いかどうかは微妙ですが、演じた田中は良いアレンジだと思いました。佐藤を理解できないけど人間側への怒りから、何とか佐藤のやる事に自分を納得させようとしてる感じがちょっとしたセリフに出てて。

追伸
チームじゃなくて作品です。誤字でした。

これを観るにあたって注意というか、楽しむところはアクションとCGだけで本当の意味で亜人という作品を楽しむ映画ではないですね。
この2つだけを楽しみたいなら似たような作品はいくらでもあるので、わざわざIMAXで観これを観る必要はない。レンタルDVDで観れば良いかと。
この内容を知ってたら旧作落ちするまで待つレベルです。
正直返金して欲しい…。

前のコメントに似てますが、全体的に作りが雑で細かいところや、ストーリー、人間模様、などちゃんと映画を楽しみたい人向けではないです。

他の人がなんでこんな評価高いのか疑問です。
みんな大丈夫か?原作見てない人でも気づくような疑問や、わけわからんとこ結構あったけどちゃんと観てる??評価上げるためのサクラとかじゃないよな?

色々言いましたがご容赦ください。
映画好きの元TSUTAYA店員より

Naoさんのコメント
投稿日:2017年10月12日
Nao
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi