「面白さと微妙さの絶妙バランス。」亜人 ke_yoさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「亜人」 > レビュー > ke_yoさんのレビュー
メニュー

亜人

劇場公開日 2017年9月30日
全284件中、133件目を表示
  •  
映画レビューを書く

面白さと微妙さの絶妙バランス。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作未読で、予告編にワクワクして観に行きました。

初っ端から人間の残酷さを描いてきて、漫画らしからぬ社会的な作品、メッセージ性の強い作品なのかと思いきや、その後の細かい設定にツッコミどころが多い点など、やはり漫画だった。

綾野剛が好きなのに、この作品ではずっと目を細めて声を変な風に抑えてと言うか、潰した感じで出してるのがどうにも好きになれなかった。格好良かったけどさ。

…で、結局、亜人って何ぞや?
集まった人たちの家族とかは?
ってかあの毒ガス?管理甘くない?
金庫は良いけど鍵付いてないとかあり得ないから。
説明的にならないようにあと15分延ばしてゆっくりとか無理だったの?ナドナド思う所は多かったですが、今までにない面白さでした。

ke_yo
さん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi